Home Streamerとクネクネ三脚クリップの通り、古いiPhoneをベビーモニターとして使ってるけど、バッテリーが消耗しすぎていたので、バッテリー交換を試してみる事に。

古い機種なので、交換バッテリーが安い。


iPhone4sのバッテリー交換 (1)

送料も工具も込みで、980円。


ポチっと購入はしたものの、娘が起きてる時間だと、娘が邪魔をしにくるので、寝起きの仕事前にサクサクっと交換。
左側は、バッテリーを内蔵したiPhoneカバー。
多少バッテリーの持ちが良くなるのと、iPhone4Sのドックコネクタに繋いでカバーとして使うけど、充電する端子がAndroid等と同じマイクロUSBになってくれる優れもの。
iPhone4sのバッテリー交換 (2)

SIMカードを抜いて、届いた工具を使えば簡単にバッテリー交換ができる。
iPhone4sのバッテリー交換 (3)

極小の星形のドライバーなんて、なかなか持ってないからね。
iPhone4sのバッテリー交換 (4)

ROWAJAPANの文字。
調べてみるとロワジャパンは、バッテリーを主に扱ってるお店みたいだな。
iPhone4sのバッテリー交換 (5)

裏側。
バッテリーを交換して、それがもってくれるのかどうかは暫くつかってみないと判らないけど、980円なら別に外れでも・・・
iPhone4sのバッテリー交換 (6)

iPhone4Sの下側の螺子を2本


工具でクルクルっと回して外すだけ。
iPhone4sのバッテリー交換 (7)

裏側のカバー上の方に向かってスライドすればOK。
iPhone4sのバッテリー交換 (8)

こんな感じでバッテリーが現れる。
iPhone4sのバッテリー交換 (9)

バッテリー左したに、2本の螺子と小さな黒いパーツがついてるので、それをサクサクっと外す。
iPhone4sのバッテリー交換 (10)

この黒いパーツが元々どこについてたのか判らなくなるので、注意。
写真を撮っておくと、時間を巻き戻せるので便利。
iPhone4sのバッテリー交換 (11)

ピック(ギター用)みたいな工具でバッテリー剥がす


バッテリーは両面テープで張り付けられているので、すんなりとは取れない。
iPhone4sのバッテリー交換 (12)

ギターのピックの様な工具で、バッテリーの隙間をテコの原理でミシミシと浮かせながら剥がしとる感じ。
力を入れすぎると、基板が逝ってしまいそうなので力加減も注意が必要。
iPhone4sのバッテリー交換 (13)

古いバッテリーを外したら、新しいバッテリーを戻していくだけ。
iPhone4sのバッテリー交換 (14)

ピッタリと収まる。
謎のくろいパーツと、螺子2本で留めればOK。
iPhone4sのバッテリー交換 (15)

背面カバーをしたら、ドックコネクタ側の螺子も2本。
iPhone4sのバッテリー交換 (16)

完了。
iPhone4sのバッテリー交換 (17)

動画の流しっ放しや、カメラを起動しっぱなしにして、まずは完全放電。

その後で充電してみたら、今までは放置しているだけでも1日持つことがなかったものが、放置してるだけなら殆どバッテリーが減っていない状態に回復。

後は、この良い状態が何か月続くのかって所だけど、ベビーモニタは毎日使う訳でもないので、きっと1〜2年は余裕でこの状態を保ってくれそうだな。

良かった良かった。

すでに使わないくなって、部屋に転がってるiPhoneがあれば、バッテリーを交換してやって、何か他の使い道を見つけてあげるといいかもね。



ポチっとしたくなる、スマホ用Amazon
Amazon.co.jp 一般
楽天