自分の部屋用にポチったEcho Dot が寝室のアレクサとして大活躍してくれてるお陰で、セール中に半額で入手しておいたAmazonのEcho Dot。
アマゾンエコードット (1)


普通に購入すると6,000円程。

6,000円だと、そう何個も買おうとは思わないけど、半額になってしまうとね・・・。
アマゾンエコードット (2)

今回もホワイト。
アマゾンエコードット (3)


Echo Dotが欲しかったのは、これ。
外部出力端子。
アマゾンエコードット (10)

GoogleHomeMiniはBluetoothで別なスピーカーに繋いで、より良い音にするけど、エコードットは有線で繋げるところがうり。

YAMAHA NX-50をメインのPCに繋いで、デスクのスピーカーにして満足な音を出してくれてるけど、これをもっと優秀なスピーカーとして活用したい。
アマゾンエコードット (4)

NX-50には入力端子2つあって、入力端子1はPCからの音を入力。
そんな訳で、この入力端子2とEcho Dotの出力端子を繋ぎたかったって事なのですよ。
アマゾンエコードット (5)

毎度のごとく、Echo Dotの設定は大して難しくないので省略。
アマゾンエコードット (6)

ぐぐって出てきたページを見る方が詳しく書いてある。
アマゾンエコードット (7)

設定を解説するのは他の方に任せて、その先の使い方。
入力端子が余ってるBluetoothに対応していないスピーカーがあるなら、Echo Dotを繋げるだけで最新のスマートスピーカーに変身してしまうのですよ。
アマゾンエコードット (8)

こうして、PCの下に収まって主張しない大きさなのも良いな。
アマゾンエコードット (9)

PCの前にいるから、キーボードで入力して調べたりするのもいいけど、声でも音楽を流したり、次の曲にスキップしたりできるので作業が捗る。

こんな使い方をする人はそんなにいないのかもしれないけど、自分の部屋に優秀な執事(アレクサ)を導入してみると、それはそれで楽しいかと。

おわり。

ポチっとしたくなる、スマホ用Amazon
Amazon.co.jp 一般
楽天