藤まつりの方が有名そうな亀戸天神。藤まつりなら何回も足を運んだような気はするけど、梅まつりは数える程度しか行った事がなかったので、平日休みの隙間で行ってきましたよ。
亀戸天神梅まつり (26)
娘を保育園にセレナで送ったら、そのまま亀戸天神。
亀戸天神梅まつり (29)

無料の駐車場があるってすばらしい。
亀戸天神梅まつり (30)

ただ、駐車場はこの正面からは入り込めないような気がするので、1本脇の道路から。
亀戸天神梅まつり (1)

スカイツリーをバックに朱色の鳥居と、梅の花。
亀戸天神梅まつり (31)

紫色の空が広がる夕暮れとかも良さそう。

牛神様。
亀戸天神梅まつり (2)

平日で、少し時期も早かったので全く混んでない。
亀戸天神梅まつり (3)

都内の河津桜も一緒に見れる、梅と桜な時期。
亀戸天神梅まつり (4)

近所で何気なく見かけた梅の花も悪くはないけど、沢山の種類の梅の花をみれる亀戸天神の梅まつりは良いな。
亀戸天神梅まつり (5)

梅の木に、きちんと梅の花の名前も書いてあるので、ゆっくり見て回っても飽きない。
亀戸天神梅まつり (6)

都内で唯一の境内の中にある懐石料理屋さん。
流石に独り懐石料理はハードルが高いので、雰囲気だけ。
亀戸天神梅まつり (7)

深い紅色の梅の花。
亀戸天神梅まつり (8)

梅の花なんて、そんな気にしなければ何色なのかも思い出せない位だってのに、こうして境内を回ると、こんな色の梅の花もあったんだと驚かされる位に種類が豊富。
亀戸天神梅まつり (9)

ひよこの様な黄色い、蝋梅。
亀戸天神梅まつり (10)

黄色の梅の花なんてあるんだな〜と。
禅語の看々臘月尽だな。
亀戸天神梅まつり (11)

早い時期に咲く梅の花で、旧暦の臘月からの由来も。

そんなに広くない境内が、梅の花を見て歩くにはちょうど良い。
亀戸天神梅まつり (12)

池の亀も、眠ってるのか、いつもより数が少ない。
亀戸天神梅まつり (13)

八重桜ならぬ、八重松島。
亀戸天神梅まつり (14)

他にも沢山の種類の梅の花。
亀戸天神梅まつり (16)

「梅の花なんて眺めて、何が楽しいんだ?」

と思ってしまう人には物足りないのかもしれないけど、梅の花を眺めて楽しい爺さんや婆さんが境内には意外といるのですよ。
亀戸天神梅まつり (17)

こんな桃色の梅の花と、暖かい日差しが重なった瞬間とか、それはもう。
亀戸天神梅まつり (18)


梅の花を見るって目的が重なった、 烏合の衆。
亀戸天神梅まつり (19)

この辺りは、藤まつりの方が綺麗になるから、また藤の花の時期だな。
亀戸天神梅まつり (20)

真っ白なうめの花。
亀戸天神梅まつり (21)

月日の流れはあっという間
亀戸天神梅まつり (22)

1年の終わりの12月。
そんな旧暦の臘月を示す、蝋梅。
亀戸天神梅まつり (23)

12月が終わってしまう事を、人生になぞらえて、あっという間に終わってしまう事を知らされる花。
亀戸天神梅まつり (24)

ぼーっと、生き長らえる様な人生だと、きっとその時に後悔するんだろうな。
亀戸天神梅まつり (25)

あの時やっておけば良かった。と。
亀戸天神梅まつり (27)

そして、梅の花を眺めながら物思いに耽ていたら、お腹も空いたので、菜苑
亀戸天神梅まつり (28)

そしてまた、黄色い梅の花。
亀戸天神梅まつり (32)

そんな平日休みの、午前中。
亀戸天神梅まつり (33)


おわり。



ポチっとしたくなる、スマホ用Amazon
Amazon.co.jp 一般
楽天