HDDレコーダーを選ぶならサクサク動くnasneが良い



2014年の2月から使い始めたnasne

スマホやタブレットとの相性が良く、一般的なHDDレコーダーの必要性を感じなくなってしまう。

外付けHDDを増設してからは何の不自由もなかったので使い続けてたけど、どうも容量が一杯になってきたからなのか、一度クラッシュしたHDDをお再利用したからなのか、録画してあるはずのデータがリストに表示されなくなったりするようになってきた。

nasneに繋いでるHDDを再起動したりしながら調べたら、nasne自体には問題がないけど、nasneの1TBの容量が一杯。

これとか、これとかこれみたいな番組とか、嫁がドラマを録ったりする程度で、

「そんなに容量が圧迫されるのか?」

と。

サクサク動いてお薦めなnasneなのに・・・。


原因は容量の圧迫と、壊れてる外付けHDD。


Nasneの不調なのかと思いきや、原因は娘用に録画しっぱなしだったミッキーマウスクラブハウスだった。
ミッキーマウスクラブハウス

全国無料のBSテレビ局、子供の味方Dlifeですよ。

娘がYoutubeで飽きもせずに、延々と第一話を見ていたのでDVDでも買ってこようかと思ったら、意外と高いし100話を超えて長く続いてる番組といった事が発覚。




そんなミッキーマウスクラブハウスがDlifeで無料で放送されてるので、毎回録画で溜めておけばそのうち観るだろーと録画していたものが溜まりにたまってnasne不調の原因になってた。
後は一度クラッシュしたHDDを再利用していたのも原因。急に不安定になる。

クラッシュしたHDDは再利用するものじゃないね。

Video & TV SideViewで対処するか、他の方法か。


家やwi-fi環境下なら、nasneとVideo & TV SideView(ビデオ&テレビサイドビュー)でスマホやらタブレットでいつでも見れるから放置してたけど、HDDの容量が一杯になってきたので、このネズミ番組をどうにかしたいと思った訳ですよ。

Video & TV SideViewにはおでかけ転送といった便利な機能があって、録画した番組をスマホやらタブレットに転送しておいて、番組を視聴できる機能があるけど、100話近くを転送しておくとそれはそれでスマホやタブレットの容量がしんどい。

セレナの後部座席用のモニターでも見れる様にすると長距離移動の際に娘も飽きないだろうから、何かいい方法がないか考えた結果、Blu-rayに焼くのが一番スマートって結論に。


車のモニターにスマホの画像を表示させる為にHDMI入力にEZcastを繋いでワイヤレス接続してみたりしてる人がいたりするけど、そもそも車のHDMIにEZcastを有線で繋いだりしてる時点で配線がごちゃごちゃしててアウトだろし、繋いでみただけでその後は利用してたりするのかな。


スマホを直接繋いでもいいけど、わざわざタッチ入力ができるスマホの利点を消して、何故故にカーナビにスマホの映像を流す必要があるのか・・・といった疑問も残る。

スマホのテザリングをONにしておいて、タブレット端末を子供に与えておいた方が、車だけじゃなくお昼ご飯の後に時間を持て余した時とか場所を選ばずに使えて良い。

でもでも、スマホもタブレットもバッテリーの消耗が気になるし、せっかく車にモニターがあるんだから、それを利用したいって事でBlu-rayディスクですよ。

PC TV PlusでBlu-rayに書き出し


DVDやらBlu-rayにTV番組を書き出すような使い方をしていなかったので,
PCからはStationTV Linkの機能だけで充分。

nasneに録った番組は、お風呂だったり寝室だったり、ガレージだったりリビングだったり、wi-fi環境かのカフェだったり、友人の家だったり、お出かけ転送をして新幹線での移動中だったりと、スマホやタブレットでの視聴で完了するはずだったけど、まさかの容量不足。
と、車の後部座席のモニターでも見たいといった要望がでてきたので、PC TV with nasneから名称が変わったPC TV Plusを試してみる事に。
PCTVPlus (2)

有料で3000円もするけど、無料で2週間は試せるのでまずはお試し。
PCTVPlus (1)

すでにミッキーマウスクラブハウスの100話程度を移動した後なので、右上のnasneの容量が空いてるけど、使い易いUIだな。
これなら3,000円でもOKかな。

nasneで録画した番組を選んで、書き出しを選ぶだけで、説明不要。直感的に使える。


ブルーレイディスクレコーダーを買ってしまおうかな・・・」


と思ったりもしたけど、わざわざ高額で使い辛いUIなHDDレコーダーを買うなら、NasneとBDP-S6500のような組み合わせで充分。・・・というか、こっちの方がDVDのアップコンバーターもついてるので良さそうな気が。

Blu-rayへの書き出し時間


nasne自体がLAN接続でネットワークを介してるので、ネットワークが不安定だとBlu-rayやDVDへの書き出しに失敗してしまう事がありそうなので、一旦PCへ転送してからPCから書き出しにした方が失敗は皆無なのかと。

PCへの書き出し時間はPCの処理能力によってかわってくるけど、寝る前に転送する番組を複数選んで転送処理をしておけば、朝には完了してる程度。

PCに転送しておけば、Blu-rayへの書き出しはnasneから直接行うより安定していてスピードも速い。


併せてラベル印刷をしておくと、子供が喜ぶ。


自分用ならラベル印刷は不要だけど、子供用ならラベル印刷をしておいた方が子供が判りやすくて喜ぶ。
画像検索でラベルを探せば、いくらでもでてくるのでそれをそのまま印刷したり少し文字を入れたり加工して印刷。
DVDラベル

ラベル印刷の5分程度の作業を加えるだけで、nasneで録画した番組がオリジナルなDVDやBlu-rayが完成。

ミッキーマウスの話をしておきながらアンパンマンのラベル印刷になってるのは、日テレのアンパンマンも同様にnasneに録画されっぱなしになっていたから。

まとめ


スマホやタブレットを持っているなら、nasneは便利。
ネットワークプレーヤーを組み合わせれば、リビングのTVとしても強力なレコーダーになる。
クラッシュしたHDDを再利用しない方がいい。

そんな訳で、クラッシュした外付けHDDがまだ使えそうな気もするけど、HDDだけ買い替えるかnasneをもう1台追加しようかな。
※nasneは4台まで繋げて使えるので。



おわり。


ポチっとしたくなる、スマホ用Amazon
Amazon.co.jp 一般
楽天

LINEで更新通知が届きます