この看板に惹かれて訪れてしまう龍宝。
再訪もしたけど、仙台に行ったら何故かここに寄ってしまう・・・
たべにおいで龍宝 (1)

あれだな。全部この中華料理やのオヤジの人柄と言うか、このオヤジに会いに行ってる感じだ。

今は無き西永福ラーメン亭のオヤジと一緒だ。

西永福のラーメン亭のオヤジは店を畳んで、何してんだろうな。

そんな、味に人情といった卑怯なスパイスを盛り込んでる「たべにおいで」なのか「龍宝」なのか、どっちが店名かわからない龍宝。
たべにおいで龍宝 (2)

秋保温泉の水戸屋あたりに向かおうとすると、この道を通ってしまい、看板が目に入り、ついつい寄ってしまう・・・。
たべにおいで龍宝 (3)

秋保温泉の方に向かった観光客や、この辺りで仕事をしてる方々を巧く取り込んでる良いお店。
たべにおいで龍宝 (4)

車でしかこれないような辺鄙な場所にあるのに、Beerに合いそうな美味そうなメニューが豊富。
たべにおいで龍宝 (5)

ビールに合う合わない関係なく、他のメニューも豊富で毎回悩む。
たべにおいで龍宝 (6)

これだけ作れるような材料を仕入れるのが大変だな。
たべにおいで龍宝 (7)

それとも、少ない材料でこれだけのレパートリーを作り出せるのかな。
たべにおいで龍宝 (8)

こういったメニューが豊富な中華料理屋さんの料理人って、尊敬に値するな。
たべにおいで龍宝 (9)

悩みに悩んだ挙句・・・・
たべにおいで龍宝 (10)

定番な餃子を注文。
たべにおいで龍宝 (11)

そして、いつも麺を頼んでしまうので、今回は豚肉の中国味噌炒めと、半ラーメンのセット。
たべにおいで龍宝 (12)

・・・美味い。
現場仕事とかしてたりしたら、ここでランチを食べて、午後からまたバリバリと働けるな。


そして、定番な広東麺。
たべにおいで龍宝 (13)

様々な具材があんかけに絡んだ、熱々なラーメン。

これも美味い。
そして、水を注ぎに例のオヤジがやってくる。

なんて事ない一言を客にかけながら、人情スパイスをふりまくオヤジ。
まじまじと見てみたら、けっこう歳なんだな。

「あと何回、このオヤジさんが店に立ってる間にここにこれるんだろうな。」

とか思いつつ、ラーメンをすする。


少ししんみりしそうになるけど、更にお店をみると、完全にこのオヤジの娘らしき人も、オヤジ同様に人情スパイスを振りまいてるな。

このオヤジにして、この娘。

このオヤジがポックリ逝ったとしても、きっと「オヤジさんにはお世話に・・」とかいった会話で、安定して営業するんだろうな。


そんな訳で、仙台の奥座敷・秋保温泉に向かう時に見かけたら、寄ってみるのもいいかもね。


龍宝 たべにおいで中華料理 / 国見)

昼総合点★★★★ 4.0