お盆休みは、娘を連れて実家へ帰省。

去年帰省して時には居た、姉が居ない事以外は何も変わりがない、夏。
雨の盆踊り (5)

梅雨の星のような、雨の中の提灯。


初盆ってやつですよ。

地元に残って、近所の子供達に慕われてた姉。
雨の盆踊り (2)

夏休み。
お盆の時期に行われる、近所の盆踊り。

田舎の盆踊りなので、知り合いばかりの小さなイベントなのですよ。
雨の盆踊り (1)

自分のように地元から離れる人が多く、年々子供が減っていく一方だったのに、何だか最近は子供が増えてきたな。

知らない顔が増えてきたから、引っ越してきたりする若い人が増えたのか。
良い事だ。
雨の盆踊り (4)

「中学生の頃までは、覚えてるけど、面影はあるな〜」

と、どこの誰なのかさっぱりわからないようなオジさんに声をかけられたり、小さい頃からおばさんだったおばさん達に声をかけられたり。

旦那の地元なので、肩身が狭い嫁と、何も気にせずに楽しんでる娘。
雨の盆踊り (6)

いつもは広場で行う盆踊りも、雨なので集会所と呼ばれる建物の室内で開催。
雨の盆踊り (3)

小さい頃からおじさんだったおじさん達や、地元に残った後輩が企画や運営をしてるんだろうな。


雨のせいで、狭い室内での盆踊りになったけど、狭い室内で見よう見まねで踊る盆踊りは、去年までとは少し違う、何か寂しかった気分を晴らしてくれた、田舎独特の良さを感じる、良いイベントだったな。

また来年も、無責任に規制しよう。
そうしよう。