以前に550円で天丼を出していたお店があった場所。
通りかかったら、いつの間にか天丼屋から餃子屋に変わってるではないか。
一品餃子 (1)

密かに餃子好きなので、素通りしてしまうのも気がひけてしまうので、覗いてみる事に。

ふむふむ。
焼き餃子が500円で、定食にすると780円なのか。
悪くない。
一品餃子 (6)

平日の11:00〜13:30にランチ営業してるのか。


「土日もやってくれてるといいのに・・・」


と、思ったら通りかかったこの日はまさかの平日。


「このお店にけってーい」

と、平日休みを謳歌。

恐らく、この店外の食券マシーンで食券を購入するんだろうけど、初めてのお店は勝手がわからなすぎて戸惑う。
この食券の右手に扉があるけど、そっちから入っていいのか、食券の左手にも入口があるので左から入って良いのか・・・。
一品餃子 (7)


良くわからなかったので店員さんに

「まだランチやってますか?」

と問いかける、13時29分。
一品餃子 (5)


「店内でお伺いするのでどうぞ」

と、笑顔で迎え入れて貰いましたよ。


・・・ランチが13:30までで、実は13:30以降も普通に営業してるのか?

そのあたりは不明のままだったけど、きっと13:30にランチのラストオーダーで、14:00位までなんだろうな。


錆びれた商店街にある、黄色い看板が目立つ、怪しげな餃子屋。

空腹を満たせる程度であれば良いかと思って入ったにも関わらず、店内は綺麗に掃除されてて、外観の怪しさは一切なし。

待つ事数分ででてきましたよ。
餃子定食。
一品餃子 (2)

ギットギトに油で焼きあげたような餃子ではなく、蒸し焼きにしたような柔らかめの焼き加減の焦げが少ない、身体に悪くなさそうな見た目。
一品餃子 (3)

味噌らしきものが付いてきたので、味噌で食べてみたら、これが絶妙で美味い。

ランチのサービスで出てきた水餃子。
一品餃子 (4)

水餃子も焼き餃子とは違った趣で美味しい。


「こんな錆びれた商店街で商売が成り立つんですか?」

と聞きたくなってしまったけど、この味なら大丈夫そうだな。

手作りの餃子を冷凍にして、それを持ち帰り販売してるので、そっちがメインで、ランチはついでな営業なんだろうな。


遥々遠方からやってくるって感じではないけど、通りかかったら寄ってみたりな程度で、地元民に愛されてそうな、江東区の良い餃子屋さん。

近くに砂町銀座商店街があるので、こっちの商店街まで足を延ばす事は少ないような気がするけど、足をのばす事があれば是非。