自宅で使う分には、F12で現れるGoogle Chromeのデベロッパーツール程度で充分なスマホのエミュレート機能。PCサイトのスマホ表示を確認したい程度ならそれで充分だけど、稀にPC表示のままスマホ表示に代わってくれないサイトもあったりするのですよ。

スマホやらタブレットの実機が手元に何台もあるので、それで確かめれば済むけど、それはそれで検索して該当のページを開くといった一手間が入る。

そんな訳でNox App Playerを落としてみた。
キャプチャ4

歯車マークで画面の大きさをタブレットサイズに変えたりもできるけど、通常のスマホサイズで確認したいので縦長表示。
キャプチャ1

PC上に、アンドロイド端末が見事にエミュレート。
Playストアからアプリをダウンロードもできるし、色々できる便利なやつ。
キャプチャ2


例えばhttp://seilife.blog.jp/archives/SynologyDS216%EF%BD%8A.htmlをPCでみるのと、スマホでみるのでは表示が違う。

Nox App PlayerのChromeで同じページを見ると、こんな感じ。
キャプチャ3


このサイトもPCでみるのと、スマホで見るのでは大違い。

Chromeのデベロッパーツールだとどうしても、切り替えをしてる感が否めないのが、シームレスに確認できる。
キャプチャ

悪くないな、このツール。

他にも色々使えそうだけど、暫くはPCとスマホサイトの表示確認程度にしか使わないだろうけど。


ポチっとしたくなる、スマホ用Amazon
Amazon.co.jp 一般
楽天

LINEで更新通知が届きます