毎年恒例の新年早々の忘年会。
恐らく、日本で一番早い忘年会。

昔から地味だけど、年々茶色とかお爺ちゃんの様な色になっていく親友O。
新年会 (1)

秋葉原の街に溶け込み過ぎてて、目の前に現れるまで探しきれない程。

もう一人の親友M。
昔からあまり変わらないな。
新年会 (2)


秋葉原の街を歩こうかとも思ったけど、予想以上の人混みと、生憎の雨の為、何となく目に入ったもつ道へ。
新年会 (3)

ガラケー派の生き残りかと思ってた、親友Oがスマホでフリック入力してる・・・
新年会 (4)

時代の流れだな。

18歳からの付き合いなので、20年。
長いな。
Mは去年の11月に子供ができたみたいで、終始赤ちゃんの話。

ロックが好きで、ギターを弾いてた彼も一児の父な訳ですよ。

「周りにベースがいないから」と、ただそれだけの理由で何となくベースを弾かされる事になったり。
会えば音楽の話かスタジオに入ってるかだったのに、赤ちゃんの話って・・・。


赤ちゃんの写真を撮りまくってるから、スマホで普通に写真を撮る様に成長してた。


「スマホで写真だなんて、ロックじゃない」

とか言いそうなやつだったのに、柔らかくなったもんだ。


そんな訳で毎年、自分の写真がなかったのに珍しく写ってる。
忘年会


そして2軒目は、少しは秋葉っぽいところにしようとザ・グランヴァニア
新年会 (6)

居酒屋に入るとMが必ず頼む、軟骨のから揚げ。
新年会 (5)

Oはストライクゾーンが異常に広いうえ、普通の人のストライクゾーンがボールとなってしまう、ドーナツ状のストライクゾーンを持ってる事を再認識。

自分もMも妻子持ちとなってしまってるけど、Oは独身。
昔は地味な老け顔で課長とか係長とか呼ばれるような感じだったのに、年齢が顔に追いついてきて、年相応の単なる地味な30代後半の男性になった為、久々に彼女が出来たみたい。
新年会 (7)

「彼女連れてこようかと思ったけど、やめた。」

と。

そりゃそうだ。
僕たちは、君が童貞の頃からの知り合いで、カーペンターズでワンスモアとか言ってる失敗した初めての夜の話も知ってるからな。

酔っぱらった挙句に、何を言い出すかわかったもんじゃない。


そして気付いたら、ヨドバシの屋上のバッティングセンターで、ゴルフの打ちっぱなしを発見。
新年会 (8)

60分の打ちっぱなし。
新年会 (10)

来年早々の忘年会は、どこか温泉でも予約してオッサン3人旅にでもしようかとか話をしながら解散。
新年会 (9)


話をしながら、その人が何を考えて、どこに話を落とそうと考えてるのかとか、その人が話終わるまで聞き手に回ったりとか、気を使い過ぎるような、そんな長年の癖の様なものから解放されていた、そんな日。