仙台の奥座敷秋保温泉ホテルニュー水戸屋へ。

結納を交わした、思い出の場所になってるのですよ。
水戸屋 (5)

仙台駅から車で30分程度で利便性も高い。

東京にいると、箱根やら熱海やら伊豆やら伊香保やら草津やら魅力的な温泉が沢山あるので、陰に隠れてしまうけど、G7財務大臣・中央銀行総裁会議が開かれる様な巨大なコンベンションホールも完備した、良い温泉街なのですよ。

予約をしておけば、大型の観光バスで仙台駅までの送迎もあるので駅から30分程度離れてる地の利は全く持って関係ない。
水戸屋 (4)


今回は嫁の母の還暦祝い。
東京に住んでるのに、わざわざ仙台に出向く所業。

早目にチェックインして、部屋の写真でもとっておこうかと思ったら既に嫁の親戚が集まってしまってるではないか。
モザイクをいれるのも面倒なので、部屋の様子は前々回の旅行を参考にしてもらおう。
前回は2人部屋で、今回は家族用の大きな部屋を予約したので広かったな。


館内の様子は前回の旅行のやつで省略。


そして、宴。
支払いが怖い|д゚)ウホッ
水戸屋 (6)

嫁方の親戚の集まりを、何故に自分の地元の仙台で・・・
謎だ。

お台場とか銀座とか、箱根とか、東京近郊で良いのでは。
水戸屋 (7)

肉が美味しい。
そして、ビールをガブ呑み。
水戸屋 (8)

仕事を終えた、実父が登場。
娘にとってはお爺ちゃんですよ。
水戸屋 (9)

わーい
水戸屋 (10)

いえーい

地元なので、従兄弟(左)を呼んでみたり。
水戸屋 (11)

どんだけ、仲が良い家族なんだよ。



850名程を収容できる、巨大旅館なのでロビーの七夕飾りも巨大。
水戸屋 (1)

コーヒーを飲めるラウンジ。
水戸屋 (2)

この後に、温泉に入ってみたり、ラーメンを食べてみたりしたけど、酔っぱらってたので写真が皆無。



そして、朝は早目に起きて朝風呂。


寝起きで温泉。
大きなお風呂って最高だな。


部屋に戻ると、姪っ子。
水戸屋 (12)

そして、我が娘。
水戸屋 (3)



この後、バイキング形式の朝食をもりもりっと食べて宿を後にするのでした。


温泉一泊ツーリング(車参加可)をしたいな。
大人の修学旅行。


おわり。


ポチっとしたくなる、スマホ用Amazon
Amazon.co.jp 一般
楽天

LINEで更新通知が届きます