仕事終わり、会社の駐輪場でフュージョンのセルを回すと

ギュルルッ

ギュルルッ

と、何か嫌な音。
バッテリー上がりだな。この感じは。
フュージョンバッテリー交換 (1)

2010年1月に納車をしてから、1度も交換していないバッテリー。

6年半で初めての不調。
開けてみて搭載されていたのは島津源蔵なGSYUASAのYTX12-BS。
フュージョンバッテリー交換 (3)


6年半も持つのは稀だけど、流石とかいいようがない。


FURUKAWA [ 古河電池 ] もかなりの高品質。

急なバッテリー切れを起こしたくない人は、GSYUASAかFURUKAWAの2択の様な気がするけど、どうなんだろ。


ユアサの名前を持つも、別会社な台湾ユアサ。

悪くはないけど、間違いなく6年といったような長期に持つような品質ではない。
2〜3年が良い所だろうな。コスパは悪くないけど。

最近はこういった安価なバッテリーも出回ってたりする。

どうなんだろ。試してみようかな。


バッテリーあがりの翌日に、ここで使ってる充電器をもって、GSYUASAを充電。
フュージョンバッテリー交換 (2)

会社から家に帰るには問題ない程度に回復。
無事に自宅までフュージョン君を持ち帰ってきましたとさ。




・・・・無事?

無事ではなく、カタカタカタカタカタカタカタカタと、走行中に異常なタペット音。


『バッテリーが弱まるとこうなるのか?』

と、疑問に思いつつもシートを外してみると・・・


あっ|д゚)
フュージョンバッテリー交換 (4)


バッテリーを抑えてるゴムをきちんと装着し忘れてた。
フュージョンバッテリー交換 (5)

このゴムの金具が走行中の振動で、カタカタカタカタ言ってただけでした。


おわり。


ポチっとしたくなる、スマホ用Amazon
Amazon.co.jp 一般
楽天

LINEで更新通知が届きます