壁掛けにしていたFL-D9FSWH。地デジもワンセグも何故か、毎回スキャンする一手間をいれないとみれなくなってしまった。

REAL LIFE JAPANもなくなってしまったいま、FL-D9FSWHには何か別な活用方法を与えようかと、取りあえず分解してみる。
FL-D9FSWH分解 (1)
基板を配線で繋いでるだけな、簡素なつくり。
FL-D9FSWH分解 (2)


FL-D9FSWHの特徴ともいうべき両脇のスピーカーを外して、550円で投げ売りされていたELECOMのスピーカーMS-UP201WHでも使ってみる事に。
MS-UP201WH (1)


少し高くなるけど、Amazonさんでもポチっとできます。



本当は電源なしの同軸ケーブルタイプが良かったけど、FL-D9FSWHに(AV OUT)なジャックを発見した+USB端子が存在するので、イヤフォンジャック+USB電源タイプの安価で小さ目なMS-UP201WHを選んでみたのですよ。
MS-UP201WH (2)

FL-D9FSWHと同系統のホワイト。
MS-UP201WH (3)

配線が長いのが、気になる。
今回はチョップするのか、本体の中に配線ごと隠してしまうのか。
MS-UP201WH (4)

ボルト留めにしようかとも思ったけど、面倒なので両面テープ。
MS-UP201WHの邪魔な足はポッキリとチョップ。
MS-UP201WH (6)

こんな感じにして、FL-D9FSWHの上面に取り付け予定。
MS-UP201WH (7)

なんの問題もなく、取り付け完了。
FL-D9FSWH (1)

0.5Wもあるので、部屋で音を流すには充分な音量。
音質は良くはないけど、悪くはない。
FL-D9FSWH (2)

後はこの配線。
FL-D9FSWH (3)

切って短くするべきか、本体の中に隠してしまうべきか。

・・・面倒だから、暫くはこのままにしようかな。

TVはみれなくはないけど見る事が殆どないので、古いDVDを流しっぱなしにするBGVモニターにでもしておこう。


ポチっとしたくなる、スマホ用Amazon
Amazon.co.jp 一般
楽天

LINEで更新通知が届きます