惜しまれつつ閉店したべんてんの最後の弟子が開いた、としおか。
吉祥寺のつけ麺宏ちゃんもべんてんの弟子が開いたお店らしいけど、迷走したのか、べんてんとは全く違う味。


「べんてんの味を限りなく100%近く再現してるお店らしいよ」

といった、ラーメンマニアな弟の話を聞きつつも、店主が一人でお店を回していて回転率が悪く、ディズニーランドのアトラクション位に並ぶ覚悟が必要って噂も聞いていたので、なかなか行けなかったお店。


ゴールデンウィークのポッカリと予定が空いた日に向かいましたよ。としおかのある早稲田に。

炎天下の中、並ぶ覚悟でBeerとチータラを入手。
早稲田としおか (2)

ビールとチータラのセットは、べんてんの行列に並んでた頃にも良く味わった思い出のセットなのですよ。

クレームを聞き続ける夜勤が終了した足で、べんてんに並んでビール。
懐かしいな。

「べんてんに並んでた頃の格好をしてきた」

と、今だとかなりもっさりとした印象を受けてしまうようなB-BOY崩れな格好をしてきた弟。


「いや〜、さすがにブリンブリンな金のネックレスみたいなやつは、引っ越しの時に処分しちゃったからな〜」

とか言ってたけど、ブリンブリンが良くわからん。
早稲田としおか (3)

早稲田通りの弁天町交差点にある、としおか。
駅からは少し離れて不便な場所なはずなのに、物凄い行列。
早稲田としおか (9)

ガードレール側に折り返して並んでるので、写真に写ってない交差点側にも沢山の人。

なんか物件を転がして、気付いたら山手線内のこの近辺に一軒家を購入した悪い夫婦に連絡してみたら、ドーベルマンを少し小さくしたような犬を連れて、妻の方がやってきた。
早稲田としおか (1)

ワンコの扱いになれてないので大変。


並んでて苦痛なはずの時間は、ワンコとの戯れてあっという間に過ぎ去り、妻とワンコは去っていきました。


そして、なつかしのビールとおつまみのセットとご対面。
早稲田としおか (4)

これが堪らないのですよ。
メンマとチャーシュー切れ端とネギ。
早稲田としおか (5)

麺が茹で上がるまでの時間、ビールを呑みつつ待つ。


実は、麺を食べた後より、その時間が極上なのではないかと思えてしまうような程の時間。

でも、現実は厳しくて冷たいのか、麺はやってくるのですよ。
早稲田としおか (7)

見た目は完璧な程、思い出のべんてんの麺。

この中太の麺が美味しかったのか、神田川沿いに並んでビールを呑んでる雰囲気がよかったのかは、もう調べようもない程の過去の話だけど、確かにこの麺だったような気がするのですよ。


スープもべんてんを忠実に再現。
早稲田としおか (6)

つけ麺の中盛りを頼んでみたけど、スルスルっと胃の中に落ちていく程、完璧にべんてんの味だな。

・・・いうほど、べんてんの味を覚えてないけど|д゚)
早稲田としおか (8)

ラーメンやつけ麺といった一時のブームは去った感があるので、これからはこういった懐かしく思えるような味のお店が続いていくといいのに。


でも、普通にラーメンやつけ麺が食べたいなら、このお店の行列は苦痛だな。
チータラとビールと文庫本。
そんな組み合わせが最高かも。




関連ランキング:ラーメン | 早稲田駅(メトロ)牛込柳町駅神楽坂駅