ベランダから紅葉狩りができたり、こんな春の景色溢れてた、結婚して二人で住み始めた駅からは少し離れたUR

URとか書くとなんとなく正体不明だけど、独立行政法人の団地なのですよ。
SUキャブなんかをイジって遊んでた結婚前の家が、更新の際に30万とか消えていってしまってたので、2年毎の更新料がないURを選んだのですよ。バイクも停め放題だったし。

そんな結婚してからの新居は5階建ての3階。
近所付き合いで、嫌な婆さんとかオバさんが出てきたら、嫁さんがかわいそうだな〜と思ってたけど、1Fに住んでたURの主の様なお婆ちゃんに良くしてもらい、快適な新婚生活を送れたのですよ。

そんな思い出なURから引っ越して、思い出の中だけの存在になるかと思いきや、受けた恩は返さないといけないなと、

「赤ちゃんが産まれたら、会いに来ます」

といった約束を果たしに嫁とと一緒に。
母の日 (1)

アルツハイマーにかかってしまったらしいけど、会えて良かった。
もう、90歳を超えてるのにまだまだ元気だな。

お婆ちゃんらしい地味な部屋に、母の日が近かったので派手すぎるくらいのピンクのカーネションをプレゼント。


娘を抱っこしてくれて、喜んでくれて良かった。

恩返しに行ったつもりなのに、それ以上に何か色々と受け取った様な一日だったな。



仙台の実家からも、送った紫陽花の写真がタブレットを使って送られてきた。
母の日 (2)


当たり前の様に、自分の親だけじゃなく旦那の両親の母の日や父の日といった記念日に何かしてくれる嫁にも感謝。





ポチっとしたくなる、スマホ用Amazon
Amazon.co.jp 一般
楽天

LINEで更新通知が届きます