下町の空はタイミング良く、紫色。
紫色の空

ほんの数分しか見れない橙色ではない、グラマラスな空。

黒い絵の具を落として滲んでいく灰色になる前の、この空を部屋から眺められてる至福。