亀戸七福神、常光寺の寿老人香取神社の大黒様と恵比寿様に続いて、福聚山普門院。
普門院 (1)
ここは「行こう」と思ってこないと、限りなく入り辛い。


亀井戸の藤も終りと雨の日をからかささしてひとり見に来し

そんな伊藤左千夫の碑。
普門院 (2)

何で入り辛いかといったら、この趣。
他の寺院と違って、伸び放題の木々に覆われた感が半端無い。
普門院 (3)

何となく、右端に写ってしまってるビニールシートも高架下の住人が急に現れてきそうな雰囲気を醸しだしてる。
普門院 (4)

そんな入る事に躊躇するような普門院でも、菩薩が。
普門院 (5)

アジアの山奥で菩薩に出会ってしまった感が、気軽に味わえる。
普門院 (6)

スカイツリーも背後に見えて立地もいいし、何より江戸時代より400年以上の歴史のある寺院。
普門院 (7)

そして、亀戸七福神の毘沙門天が祀られるお堂。
普門院 (8)

木々が伸び放題。
普門院 (9)

廃寺ではないんだよね?
普門院 (10)

やっぱり、青いビニールシートが何となく合わない。
普門院 (11)

木々が伸び放題なのは雰囲気があって良いし、その木々の中に現れる菩薩の神々しさも良い。
普門院 (12)

ビニールシートの青が少し残念だけど、もっと緑が深い時期に来てみたいと思える場所でした。