ピンクVAIOにSSDでも突っ込んでみようかと・・・思って、作業。
ピンクバイオ (4)

何かあってHDDのデータが全て吹っ飛んだらあれなので、HDD内のリカバリ領域からリカバリーディスクを作成。
ピンクバイオ (1)

5年以上、リカバリーディスクを作ってなかったのに今更。
ピンクバイオ (2)

リカバリーディスクの作成もサクサク進み、HDDを外してみる事に。
ピンクバイオ (6)

蓋を留めるネジを2本外したら、HDDを留めてる螺子を1本外せばOK。
ピンクバイオ (7)

こんな感じですっかすか。
ピンクバイオ (8)

外したハードディスク。
ピンクバイオ (9)

TOSHIBA MK2552GSX。250GBの古いHDD。
ピンクバイオ (10)

CrucialのMX100。250GBのSSD。
ピンクバイオ (12)

SSDはHDDに比べて薄いので、左側の黒いゴムで厚みを調整。
ピンクバイオ (13)

そうすると、ぴったり収まる。
ピンクバイオ (14)

蓋。
ピンクバイオ (16)

空のSSDをいれてるので、もちろんこの表示。
ピンクバイオ (17)

リカバリディスクを入れて、OSの入れ直し作業。
ピンクバイオ (18)

読み込みが意外と長い。
ピンクバイオ (19)

VAIOリカバリセンターを使いOSの入れ直しを試みるも、作業途中で「エラー332」の表示が出てしまう始末。
ピンクバイオ (20)

『エラー332って何なんだ?』

と、調べていくと非AFTドライブに展開する用のリカバリーディスク等を使って、AFTドライブにリカバリーを行うと発生するリカバリープログラムの不整合のエラーらしい事が判明。

要するに、今主流なのがAFT。
数年前の古いハードディスクはAFT(アドバンスド・フォーマット・テクノロジー)に対応していない、非AFT。

そんな訳で、このピンクバイオに搭載されていたHDDは非AFTらしく、通常通りにリカバリーディスクではOSを載せる事ができない。

EaseUS Todo Backupを使って、非AFTドライブ(元々搭載されてたHDD)からSSDにOSごとクローン。
この方法であれば、ウインドウズアップデートなんかを使ったりしなければOSは起動出来るようになるみたいなので試してみる。
ピンクバイオ (21)

SSDへのクローンは巧くいったのに、Operating System Not Found(;・∀・)
ピンクバイオ (22)

リカバリディスクでリカバリをかけた所為で余計なパーティションが出来てしまってたので、EaseUS Partition Masterでパーティションの調整をしたりしたけどOperating System Not Foundで進まず・・・
ピンクバイオ (23)


『まぁ、これで巧くいってもアップデートの度にエラーが出ても面倒だな・・』

と、ピンクバイオのSSD換装は諦める事に。

その代わりに、メインPCをSSD化してみたりするのでした。