es1を置いた側の壁。
ギター壁掛け (1)

何も無くて殺風景なので、捨てきれないのに使ってってもいないギターでも掛けてみようかと。


・・・思ったけど、掛けたギターが落ちてきてes1に傷がついてもアレだなーと思ったので、こっち。
ギター壁掛け (2)

本棚側の少し空いてるスペース。
ギター壁掛け (3)


部屋に転がってたギターハンガー。

たぶん、これ。



付属の太いボルトで壁に穴を空けるのは、自分の家と言えども気が引ける。


調べてるとディアウォールといった、2×4の木材を突っ張り棒の様に使える品があるではないか。

ディアウォールと2×4材を使おうかと思ったけど、ググッて出てくる他の人が作ったであろうディアウォールで作った棚とかギタースタンドがなんとなく壁紙と合ってなくて微妙に思えてきたので却下。

なんか、木材が浮いて見える。


そして今回使うことにしたのはこいつ。


ホームセンターでも安価で売ってる、Jフックですよ。


11kgまで耐えれるJフックは2階と3階の階段の壁に取り付けて、バッグなんかをかけるのに役立ってるのですよ。




1つのフックで5kgまで耐えれる2個セットを2つ。
針のように細いピンを3方向にクロスして壁に刺す事で、比較的重いものでも耐えれるフックなのですよ。
ギター壁掛け (4)

刺したピンを抜いてみても壁に空いた穴が判らないってところが良い。

賃貸の部屋で使っても問題ないんじゃないかって程に、良く出来てる。


ギターハンガーの取り付け位置を決めたら、こんな風に硬貨を使って3つの穴にピンを押し込むだけ。
ギター壁掛け (5)

ハンマーとか必要なし。
ギター壁掛け (6)

白いカバーは気になるならマジックで黒く塗ればOK。
ギター壁掛け (7)

1500円で、後から取り外しが出来る壁掛けのギターハンガーが完成。
ギター壁掛け (8)

ギターの重さは3kg〜5kg程度なので、5kgに耐えられるフックが4つ分なので全然問題なし。
理論上は20kgまで耐えれるはずなので。
ギター壁掛け (9)

他は容赦なく処分できたけど一番最初に買ったギターだけはどうしても処分しきれなかったので、我ながら良いアイデアだな。これは。

単なる飾りになるのは間違いないけど。