『行きたいお店がある。』

と、誘われ電車を乗り継いで降りたのは赤羽。
まるます家 (1)

電車の案内図で赤羽って地名を見かける程度で、降り立ったのは初ですよ。
まるます家 (2)

『埼玉とか近いし、寂れた街だろ(・∀・)ウハハ』

なんて思ってたら、想像以上に栄えてるではないか。
まるます家 (3)

赤羽が地元な友人に、早速連絡。


「赤羽、想像してたより栄えてた。ごめん(・∀・)」



で、1番街。
まるます家 (4)

寂れた(と言っても、自分の家の前のシャッター商店街よりはまし)商店街の、服屋さん。
まるます家 (5)

二郎発見(・∀・)

「通りすがる女の子が赤羽っぽい」

と、言い放つ吉祥寺在住・中目黒勤務のミーハーさん(仮名)。


いや、確かにそんな気もしないでもないけど、吉祥寺とか中目黒を気取ってウロウロしてる連中の方が、生粋の田舎者って噂も・・・
まるます家 (6)

そんな話は置いといて、今回の目的のお店。
鯉とうなぎのまるます家。
まるます家 (7)

呑んだくれオヤジの聖地ですよ。


勝手に呑んだくれの聖地ランキング
養老の滝 歌舞伎町・・・お酒は20歳になってからって事で、20歳頃にバイトが終わった後に「住んでたんじゃないか?」って位に通ったお店。24時間営業。

渋谷の山家・・・場所が変わって渋谷。渋谷で働いてる頃、何度か行ったお店。24時間営業。

24時間も営業してるお店と比べると弱いけど、まるます家は9:00〜21:30と朝から呑めるお店。
今回は夕方に訪れてしまったけど、どーせなら9時から来たかったな(・∀・)
まるます家 (8)

「御商談に御家族づれに」

と、看板に銘打ってあるけど、このお店に御家族を連れてきたら引くだろ(;・∀・)


昼間だってのに、ほぼ満席で賑わう店内。
まるます家 (9)

刺身は苦手なので鯉はパス。

牛スジの煮込み。
確か450円。
○野屋の小さ目な丼程度の大きさの丼に、これでもかって位に煮込みが詰まってる。
一人で頼んだら、これで満足してしまいそう。
まるます家 (10)

刺身は苦手といいつつ、イカ刺。
イカ刺は美味しく食べれるのですよ。

・・・いや、イカ刺しが美味しいって訳ではなく、イカ刺しに付けて食べる山葵と醤油が美味しいんだな。
今度は、山葵の美味しいお店とかに行きたい。山葵ツーとか。
まるます家 (11)

そして、このお店の暗黙のルールは

「お一人様、飲み物3杯まで。」

そう。泥酔してしまう客を出さない為に、3杯しか呑めないのですよ。
せっかくの酒の肴も、呑むペースを誤ってしまうと大変な事になりかねないのですよ。

巨大なメンチカツ。
確実にお酒が進む。
まるます家 (12)

うなぎ骨カルシューム

とか、気になるメニューも在ったり。
まるます家 (13)

外はまだ明るい。
まるます家 (14)

「次にくる事があれば、朝9時だな。」

と、心に決め3杯ルールに従ってお会計。
いやー、なかなか良かったな。まるます家。
まるます家 (15)

そして、どことなく仙台のアーケードに似た赤羽のアーケード商店街を散策。
まるます家 (16)


『そーいえば、赤羽に美味い讃岐うどんのお店がある』

といった事で、すみたへはしごするのでした。



鯉とうなぎのまるます家 総本店

昼総合点★★★★ 4.0



関連ランキング:居酒屋 | 赤羽駅赤羽岩淵駅