其の壱の続き


たこ焼き職人・R
どこ鉄6th (31)


職人の腕にかかれば
どこ鉄6th (32)

キャンプでも、普通にたこ焼きが仕上がる。
どこ鉄6th (33)

そして、味は普通(・∀・)
どこ鉄6th (34)

美味しいけどな。


キャンプの恐ろしい所は、昼間っから飲んでるってのに、気付くと真っ暗ってところ。
どこ鉄6th (35)

ここはどこなんじゃ〜
どこ鉄6th (36)

おっ。
飲み放題やんけ。
どこ鉄6th (37)

もってけドロボー
どこ鉄6th (38)

「え〜、呑める分だけ持って行ってください。」
どこ鉄6th (39)

と言ったせこい事をいってる訳ではなく、仙ちゃんがあーなってこーなったって話。

闇に蠢く黒い影。
どこ鉄6th (40)


どこ鉄6th (41)


どこ鉄6th (42)

なんか見た事ある面々。
酔ってるから、よく覚えてないけど。
どこ鉄6th (43)


どこ鉄6th (44)

そして、キャンプMTGの恐ろしい事態。其の弐。
どこ鉄6th (45)

気付いたら、朝(;・∀・)
どこ鉄6th (46)

御主人様〜
どこ鉄6th (47)

腹減った。
どこ鉄6th (48)


どこ鉄6th (49)


どこ鉄6th (50)


どこ鉄6th (51)

スタッフ
どこ鉄6th (52)

おにぎり。
かわいい子が握った訳でも無く、ごつごつした手で握られたおむすび。
どこ鉄6th (53)

これがまた美味しい。

まぶしくないのが、まだ何となく違和感があるけどね。
どこ鉄6th (55)

やっと現れた、猛犬のご主人。
どこ鉄6th (56)


どこ鉄6th (57)


どこ鉄6th (59)


どこ鉄6th (60)


其の参へつづく。