SONY QX10を入手。
SONYレンズスタイルカメラQX10 (1)



レンズスタイルカメラにはQX10の他にQX100といった、カールツァイスレンズを使ったQX10より価格が高い商品も存在するけど、今回はQX10。
SONYレンズスタイルカメラQX10 (2)

ミラーレスやら一眼レフとかを持たないで、スマホのみとか稀にコンデジを持ち歩いて写真を撮る人にはQX100はお薦めだけど、Z1を持ってたら光学ズームが10倍までいけるQX10の方がお薦め。
SONYレンズスタイルカメラQX10 (3)

QX10の方が財布にも優しいしね。
湯水の様にお金を使えたら、QX100とQX10の2本持ちってのも楽しそうだけど。
SONYレンズスタイルカメラQX10 (4)

QX100のカールツァイスレンズが何だか凄そうな気がして、QX10が劣ってそうな気がする方がいそうだけど、QX10もSONYのGレンズを使ってるので悪くない(・∀・)
SONYレンズスタイルカメラQX10 (5)

重量は105gと公式ページに記載されてたけど、左下のスマホに装着するアタッチメントを入れると136g程になる。
SONYレンズスタイルカメラQX10 (6)

真っ黒なQX10も良さそうだったけど、白×ゴールドのこっちのカラーの方がなんとなく玩具の様でいい。
SONYレンズスタイルカメラQX10 (7)

裏側
SONYレンズスタイルカメラQX10 (8)

横のズームとシャッターボタン。
Z1に装着すると、ズームはQX10のボタンを使ってシャッターはZ1の画面を見つつタッチシャッターになる使い方が多くなりそう。
SONYレンズスタイルカメラQX10 (9)

電池や記録カードは裏側から。
SONYレンズスタイルカメラQX10 (10)

メモリースティックマイクロやマイクロSDが使える。
SONYレンズスタイルカメラQX10 (11)

最近のスマホがマイクロSDだから、大抵の人がマイクロSDを使うんだろうけど。
SONYレンズスタイルカメラQX10 (12)

PlayMemories Mobileをスマホに落としておく。
基本はこのアプリを起動して撮影。
SONYレンズスタイルカメラQX10 (13)

最初の設定はWi-Fi設定でパスワードを入れておく程度。
NFC対応のスマホなら、それ以降はNFCマークにタッチするだけでアプリの起動からQX10の起動までが自動で行われる。
NFC対応じゃないスマホやi-phoneになると、アプリの起動がほんの少し面倒に感じる程度だけど、間違いなくNFC対応のスマホで使った方が楽。
SONYレンズスタイルカメラQX10 (14)

でも、NFCでもそうじゃなくても起動まで20〜30秒はかかるのでここが一番のネック。
『シャッターチャンスだ〜』

なんて思っても、撮るまでに最短で20〜30秒。
あらかじめ起動させておいてから撮るから、瞬撮ならZ1の内蔵カメラの方が有利。
SONYレンズスタイルカメラQX10 (15)

ズーム。
これはいいね。Z1をはじめスマホのズームはデジタルズームなので、どうしても荒くなる画質が光学ズームで寄れる。
SONYレンズスタイルカメラQX10 (16)

バンカーリングがチョット邪魔。
SONYレンズスタイルカメラQX10 (17)

ズームすると飛び出すレンズ。
SONYレンズスタイルカメラQX10 (18)

アタッチメントはこんな感じ。
SONYレンズスタイルカメラQX10 (19)

バッグに忍ばせたり、ストラップで吊るしておいて直ぐに取り出せる様にしておかないと使わなくなりそうだな。
SONYレンズスタイルカメラQX10 (20)

手軽さで言ったらNikon S800cの方が撮影に入るまでは手軽。重さも184gなので50g程度しか変わらないし。

でも、撮影の速さや手軽さだけならDSC-WX200がQX10と同レベルのコンデジと言われてて重さも121gなので、実はアタッチメントをつけたQX10の方が重い(スマホの重さも入れたら更に・・)ので、ただ単にサクサクと撮影をしたいならDSC-WX200を13,000円程度で購入したほうが遥かに便利。

そんな事は解ってて、最先端な様で実は使い辛いこんなレンズを購入するのは最近のSONYが楽しいから。
SONYレンズスタイルカメラQX10 (21)

撮るだけなら他に選択肢は沢山あるので、ガシガシと撮りたい方にはそんなにお薦めできないかな。

スマホに取り付けずに単体での撮影もできるのもなかなか。
SONYレンズスタイルカメラQX10 (22)

でも、面倒くさいと思いつつもQX100が値崩れしたら買い増ししたいけど。