X6iにそんなに不満はないけど、後継機種のX7iではなくて最軽量のX7を持ってみたら「X6iでも重いな〜」と思い始めた。

X7はバリアンクルにできないしバッテリー容量も少ないけど、あの小ささはいい。
ほ、欲しい。

なんて思ったけど、X7をかってしまったらX6iを使わなくなってしまうのは目に見えてるので視点を変えてみたらX6Iを購入する際に候補にあがってた、ミラーレス一眼のEOSMのダブルレンズキットが5万前後ではないか(゚Д゚)
CanonEOSM (3)

ファームウエアで遅いと言われていたAFのスピードも格段に上がったみたいだし。
・・・で、会社帰りに新宿で待ち合わせをしてる合間に某家電店でEOSMを覗きにいったら期間限定なのかネットの価格より安くなってるではないか(・∀・)

気付いたら店員に薦められるがままに購入。
新色のベイブルーもよかったけど、ホワイト。

Amazonだと、この価格。



箱。
CanonEOSM


本体のみでも3万円前後で安くなってるのに、

マウントアダプター EF-EOS M(EOSMにEFレンズを装着できるアダプタ)
EF-M18-55mm F3.5-5.6 IS STM(標準な望遠レンズ)
EF-M22mm F2 STM(最軽量なパンケーキレンズ)
スピードライト 90EX(フラッシュ)

がセットになって5万円以下。
いいねこれ。

CanonEOSM (2)

本体。この蓋位の厚みのレンズがあればいいのにな。
CanonEOSM (4)

コンデジ同様にモニターを見て撮影。ファインダーなし。
CanonEOSM (5)

Mマウント。
CanonEOSM (6)

最軽量なパンケーキレンズをつけて417g。
x6iにEF–S18–55mm F3.5–5.6 IS IIをつけた750gよりもだいぶ軽くなった。
CanonEOSM (7)

バッグに忍ばせて3年程使ってたCX-3は206gだから、普段持ち歩くと考えるとチョット重いんだけどね(ヾノ・ω・`)ムリムリ

EF-M22mm F2 STMを装着してみた。
CX-3と比べるとどうしても重い。でも、CX-3とは比べ物にならないくらいに画質が向上したからしょうがない。
CanonEOSM (9)

続いてEF-M18-55mm F3.5-5.6 IS STM
CanonEOSM (10)

重い。
このレンズを使うなら、X6iでいいな。AFはX6iの方が早いし。
でも、これはこれで使ったら楽しそう。
CanonEOSM (11)

で、マウントアダプター EF-EOS M。これがあれば、お金が許す限りEFレンズがつけ放題。
CanonEOSM (12)

CanonEOSM (13)

CanonEOSM (14)

EF4028STMを装着してみた。
CanonEOSM (15)

装着はしてみたけど、これを使うならキットについてきた最軽量なパンケーキレンズで事足りそう。

X6iについてきたEF–S55–250mm F4–5.6 IS IIの望遠レンズを装着。
CanonEOSM (17)

バランスは悪いけど、EOSMでも望遠レンズを使えるのは凄いね。
「使EOSMで望遠レンズ使うの?」

って聞かれたら、たぶん使わないけど。


で、思ったより使えそうなのがX6iについてきて標準ズームレンズのEF–S18–55mm F3.5–5.6 IS II
CanonEOSM (18)

装着した時のバランスもいいし、持った感じもズームの具合も悪くない。

ただ、このレンズをつけて持ち歩くならX6iで良くないか?って話になるな。


最軽量なEF-M22mm F2 STMをつけっ放しにして、KATA ZP-6DLに収納してバックやらベルトやらにぶら下げておくのが良さそう。