サイゴンでランチをした後は、フュージョンで登戸までプチツーリング。

・・・10分もかからず到着。ツーリングと呼んでいいのか?

そして、何年も前から気になっていたcraftbeer-moonlightへ。
ユニケグ方式を用いて小規模なスペースで地ビールを作ってる醸造所なのですよ。
R0021526

左側の扉が閉まってる方はPUBレストラン。醸造所で作られた至極のBeerが飲める。そんな場所。
右側のオープンスペースではお土産用のBeerを買えたり、Beerをサーバーからテイクアウトできたりとそんな場所。

もちろん、バイクで行ってしまったのでお土産用のBeerを購入。
・・・で川崎市立図書館が近くにあったので紙の匂いを嗅ぎに立ち寄って、登戸は終了。
ビールに全く興味が無い嫁には、成城通りのファミレスでスイーツを与えてみる。
R0021529

スイーツで御満悦。


・・・って事で、またしてもマイナースポット世田谷スポーツプラザへ。

大きな地図で見る

仙川と千歳烏山の間位の辺鄙な場所にある、バッティングセンター。
R0021543

バッティングセンターといえば吉祥寺バッティングセンターが今でも好きだな。
野球に興味はないけどバッティングセンターの何とも言えない寂れたチープな雰囲気がいいよね。

たぶんあれだ。

「お前ら、みんなでやるぞー」

的な、熱い感じじゃないのがいいんだな。
協調性が無いから。

そして、隣の小学生に負ける。
R0021533

『Wiiで鍛えた腕前を・・・』

と、打ち返すだけのテニス。
R0021541


そんな感じ。



・・・で、枡形城。

枡形城といえば、鎌倉時代の毛稲三郎の城。
↑調べた。
ムーンライトビア (2)

東京府南多摩郡稲城村(現・東京都稲城市)の農家の子の猿渡浪蔵が、塩干物の引き売りをはじめて今に至る「いなげや」の店名の由来の毛稲三郎の城、枡形城。

枡形城からはまったく味なんて連想されないけど、いなげやで売っていても良さそうなくらいに飲みやすい。
ムーンライトビア (3)




そして、黒ビールの江戸前。
ムーンライトビア

京から下ってきた旅人が六合の渡しを前にして言った江戸前が、かつて江戸の玄関口だった川崎。
そんな川崎の登戸だからこそ命名されたBeer。

黒ビールは好きだけど、これは苦いな(・∀・)

手造りビール教室も気になる。

そんな休日。