そーいえば、誕生日に嫁からもらったプレゼント。
GB-6900AA-A1JR (5)



GB-6900AA-A1JR

『なんか、G-SHOCKとスマホが連動するやつがあるから欲しいな〜』

なんて言ってたら、GB-6900AAのイニシャルブルーを選んでくれた。
GB-6900AA-A1JR (6)

見た目は何の変哲もないG-SHOCK。
GB-6900AA-A1JR (2)

メタルバンドなんかに替えたいけど、こっちの方が機能的なんだろうな。たぶん。
GB-6900AA-A1JR (3)

Bluetoothでのスマホとのペアリングは至って簡単。
G-SHOCKの右上のボタンを長押し。スマホ側はデバイスを検索で検索してペアリングするのみ。
GB-6900AA-A1JR (7)

G-SHOCKん(勝手に命名)が現れて、ペアリング待ち。
GB-6900AA-A1JR (8)

ペアリングされると、Gショックの右上にブルートゥースのマークが出現。
GB-6900AA-A1JR

これで、スマホに着信やメールが入るとブルブルっと振動してくれる。
元々Andoroid用だったシリーズをi-phoneでも使える様にマイナーチェンジしたモデル。
Androidとの連携は秀逸だけど、i-phoneでの接続に関しては然程。
N-07Dとの接続はなかなか。電話が入れば振動や音で教えてくれるし、メールもキャリアメールだけではなくG-mailの着信も知らせてくれる。
隠れて便利なのが、スマホから離れるとBluetoothのリンクが切れてブルブルっと震えてくれる機能。
携帯を忘れて席を離れてしまう事がなくなる。
さらにBluetoothで繋がってれば、G-SHOCK側からスマホの音を鳴らしてスマホを探す機能まで付いてる。

ブルートゥースがリンク切れを起こしても適度に再接続をしてくれるけど、再接続が巧くいかなくて気付かないうちにただの時計になり下がってしまうのが少し不満。

でも全体的には面白いガジェットなので、Androidユーザーならお薦めかも。