iPhoneを入手したらやってみたかったのが、ギターやベースをiPhoneに繋いでエフェクトして遊ぶ事。

Macに繋いでエフェクトをかけたり録ったりは学生時代の話。

「打ち込みが暫くは流行るけど、アナログな生音が最終的には一番心地がいい」

と謳ってた、HMVでジャケ買いではなく、CDを棚買いしていたあの外部講師は今頃何してるんだろ?

とか思い出しながら、選んだのは安価なFlangerの接続用コンバーター 。

きっとi-rigの方が有名なんだろうけど、iPhoneに繋ぐ程度ならFlangerで充分。

Flangerを選んで浮いた分で有料アプリのエフェクターを追加した方が楽しい。

そーいえば、Flangerってエフェクターが在ったけどどんな風に音が変わるかなんて忘れたな。
Flanger (3)





AndroidとiPhoneの違いについて色々書かれてるけど、結局はAndroidでもiPhoneでも殆ど同じ。

Androidを使っててiPhoneがいいなーと思うのは、唯一音楽系のアプリが充実してるところ。
どうやらAndroidは音楽系のプログラムを作るまでが手間取るのと、機種のバリエーションが多いので機種依存での制約が有るって事でこれから先もiPhoneを超える事が無さそう。

そして、Androidを使っててiPhoneよりAndroidが優れてるなって思うのはおサイフ携帯系のアプリ。
Suicaとか、スマホに入っててスマホでチャージも出来るし仮に紛失したとしても携帯をロックしてしまえばSuicaの定期券とかも全て安全に回収できるって所。
おサイフ携帯機能なんて、これから先もiPhoneに搭載される事はなさそう。
更に言えば防水機能。デザイン重視のiPhoneでは、気密性を高める防水機能が付く可能性も薄そう。

・・・で、FlangerをiPhoneに繋いでみた。
Flangerの先はベースやギター。鍵盤系でも問題なし。

今回使うアプリはAmpliTube
Flanger (2)

Free版でもまあまあ楽しめるので、有料版にしてみようかな。
誰か使ってないのかな?

チューナー機能もあるは結構便利。
Flanger

まあ、そんな感じ。