Eye-Fi Pro X2に続いて購入したのはAirCard

アダプタのみ
microSDHC 16GB Class10付属
microSDHC 32GB Class10付属

3種類ある中で選んだのはアダプタのみ。
マイクロSDは現行のスマホで使われてるので、余ってるmicroSDを使えばOK。
AirCARD

16GBでclass10のカードが余ってたので、それを使ってみる。
Air Cardを入れたカメラで試しに撮影。

スマホやタブレットのWi-Fi設定にPQI Air Cardが出てるので、それを選択。

スマホやタブレットにアプリを落としてアプリから覗くのが本来の使い方だけど、N-07Dがアプリとの相性が悪くすぐ落ちる(´д`)

そんな場合はブラウザのアドレスバーに192.168.1.1を入れれば、ブラウザからもAirCardの中身が覗ける。
ブラウザから覗くとサムネイルが出る(読み込みの時間はストレスが無い程度)ので、サムネイルから目的の画像を選んでフルサイズ表示(これは結構時間がかかる)orスマホやタブレットにダウンロード(写真のサイズにもよるけど使用に耐えられるレベルでストレスなし)可能。
AirCARD (3)

EOS Kiss X6iRICOH CX-3でAirCard試したけど、どちらも動作確認OK。
これで、AirCardを入れて撮った写真は外出先のちょっとした時間にスマホに落としてSNSにUPしたりなんて使い方が出来る。

携帯カメラの画質に満足が出来ない人や、携帯カメラは連射や速射に向いてないなんて思ってデジカメを使ってる人にはお薦め。
「携帯カメラの方が楽にUP出来るからな〜」と使わなくなったデジカメも、こんなカードを入れるだけで便利なアイテムに変わったりします。

ちなみに、X6iは電源をいれておけばAirCardへの通電が勝手に始まる(カメラ側のEye-Fi設定をONにしてるから?)けど、CX-3はデフォルトで入ってる「赤い画像を削除」ってステップを踏まないと通電されません。
AirCARD (2)

そんな訳で、デジカメやデジイチで写真を撮った後にUP用にスマホでも撮るなんて無駄な行為がなくなるね。

おわり