SO-02Cの時にも書いたWi-Fi Keyboard
R0020083

英語の入力のみならサクサクだけど、日本語入力をする際はテキストエディタなんかに書いたものをコピペしないといけないので、使いやすいけどコピペの1行程が面倒くさい。

WiFi Keyboardのダウンロードはここ


・・・で、スマホでのメール返信がしんどい人の味方がi-mode.net。PCからログインしてi-modeメールが返せる。SPモードメールは不可(´д`)
ただし、SPモードメールとi-modeメールは簡単に入れ替えが可能なので、i-modeの月額料300円程度でメアドが2つ持てるのでi-modeメールを常用。
SPモードメールはプライベートのプライベートアドレスに使ったり、色々。

IMoNi(芋煮)」を使えばスマホでi-modeメールを受信できるので、spモードメールより便利が気がするけどそんなこともないのかな?

なにより、i-mode.netを使ってPCからメール返信ができるのがいい。
普段、PCの前にいるような人にはi-mode.netがお薦め。

でも、i-modeもi-mode.netも契約する程ではないんだよなーって人にはかんたんWiFiキーボード
WiFi Keyboardとは別物。
アプリを立ち上げて、使用するキーボードをスマホで通常使ってる[ATOK]や[しゃべってキー入力]から、[かんたんWi-Fiキーボード]に変更。
後は該当のURLを同じWi-Fi内のPCから覗くだけ。
そこに入力した文字がスマホに転送される。タイムラグも殆ど無し。
R0020082

かんたんWiFiキーボードは日本語入力に完全に対応してるので、WiFi Keyboardの出番はなくなるな。
SPモードメールの返信なんかには、かんたんWi-Fiキーボードがこれからは重宝しそう。


SO-02Cの時にも書いたTK-FBP018久々にバイクな時にBluetoothのキーボードの話になって、いまいち使い辛いと言ってしまったけど、AndroidOSのバージョンがあがったら、Bluetoothの対応プロトコルがSPPだけじゃなくHIDにも対応したので、前より使い易くなってました。
R0020084


このTK-FBP018にはSPPプロトコルとHIDプロトコルの切替スイッチがあるのでSO-02Cを使ってた時に購入したんだけど、最近のAndroidはHIDにも対応したのでHID側で端末が認識してくれる様になった。
R0020085

SPPで使うとアプリを立ち上げて、入力モードを切り替えて、そこから文字入力と無駄な行程があったけど、HIDプロトコルだとTK-FBP018の切替スイッチをOFFからHID側にするだけですぐに入力できる。
R0020086

i-phoneなんかはHIDに対応してたから元々こんな簡単につかえてたけど、Android端末でHIDプロトコルのキーボードが使えるのはかなり便利だね。※端末によっては使えないものもあるみたいなので、購入前には要確認です。

そんな訳で、i-mode.netとかんたんWi-FiキーボードとTK-FBP018のHIDでのBluetooth接続で、ますますスマホでの入力をしなくなるなーって事。
TK-FBP018は折りたたみもできて比較的小さなサイズにはなるけど、毎日持ち歩けるサイズではないので旅行の時なんかに持って行く程度かな。

おわり