LCD-8000Uが飾りの様な状態になってるのは、RDT232WLMが広めのワイドモニターって事とリビングのAQUOSにもPCを繋げてるのでボタン1つで大きなサブモニタに変わるから。
R0020074

Synergy(シナジー)SA1Fを別CPUで動くサブモニタとしても使えるので、LCD-8000Uの活躍の場がない。

3がLCD-8000U。
完全に使われてない。
WS000001

1がRDT232WLM。2がAQUOS。

・・・で、今回はKomado
Windows用のきまどをダウンロード。
WS000000


続いて、Andoroid用のkomadoをN-07DとタブレットのF-01Dにダウンロード。

ミラーリングモードで使うなら特に難しい設定はなく、こんな感じにRDT232WLMをミラーリング。
R0020076

N-07DとF-01Dの2台からkomadoアプリを立ち上げても問題なく表示されたので、ミラーリングモードは1台のPCから複数台のディスプレイ(Android端末)に何かを表示したい時くらいにしか活用できなそう・・・

・・・で、使えるのはデスクトップ拡張機能。スマホやタブレットを2台目のデュアル端末として使える機能でXPは公式対応。Vistaや7は対応していない(´д`)
でも設定を少し変えるで7では拡張モードで使えてるみたいなんだけど、メインマシンのOSがVistaなんだけどVistaでは何故か巧く表示されずに真っ黒。
ミラーリングだけできても使い道がないなーなんて思ってたけど、komadoの設定でRDT232WLMのミラーリングではなくAQUOSのミラーリングに設定し直してやったら、タブレットが2番目のモニタとして認識する様になった(・∀・)

これで、RDT232WLMは1番目のメインモニタ。AQUOSとF-01Dは2番目の拡張デスクトップとして使えるようになったので、冒頭にでてきたLCD-8000Uが更に活用し辛くなったって事。

F-01DはワイドXGA(1,280×800)だから、LCD-8000U(800×600)より綺麗だしね。

PCに入ってる動画やPCに繋いでる機器をタブレットやスマホから音声付きで動かしたいならsplashtop
※但し、同じネットワーク内。

音声付きじゃなくていいならTeamViewer
※これは3G回線でもいけるので、自宅のPCを立ち上げっ放しにしておけば携帯の電波が入る場所から自宅のデータを引っ張りだしたり、自宅PCをリモートコントロールできるのでかなり便利。
R0020077


おわり。