PogoplugとDropboxの共有アクティブコピーで書いたとおりなPogoplug。
そんなpogoplugが5GBの無料ストレージのサービスを本国では始めており、日本でもリリース予定。
WS000000

DropBoxの様に勝手に同期をとってくれるなら使えるのかもしれないけど、USBで外付けHDDを付けたしていってTBクラスのストレージを構築できるのに使い方がいまいち良く解らないサービスを始めるんだな(´д`)
もう少し、回線のスピードを上げてくれる方がいいのに。
容量があれば便利そうなのに、容量が明らかに足りないiCloudみたいだな。

写真のバックアップストレージならGoogle+とPicasaとEye-Fiで書いたとおり、Google+とEye-Fiで容量無制限で保存ができるので、Google+.。

使い勝手だけならDropbox。勝手に同期を取ってくれてた以前のバージョンのWindows Live メッセンジャーが若干懐かしかったり。
何より無料で10GB近くまでは簡単に増えるDropBoxし、モバイル端末のアプリとの連動も秀逸。

Dropboxは簡単に使えるからといって、「公的なファイルをそのままDrag&Dropして情報が漏れてた!」なんて間抜けな事態を避ける為にも、SecretSyncなんかを使って暗号化したり、パスを付けてzipを暗号化する程度にセキュリティ面を強化した方が良いかとは思うけど、間抜けな事態が発生するまで気づかないんだよね。たぶん。

・・・で、そんな話は置いといて容量だけで見たら無料で5GBのYahooBox。プレミアム会員なら無料で50GB。ヤフオクなんかを使ってたりすれば気づいたらプレミアム会員になってるので、実質無料で50GB。
モバイル用のアプリもあるけど、YahooBoxはその容量を活かして単なるストレージにするのがいいかも。
アカウントが2つあれば100GBだしね。予定だろうけど1000GBなんて表示もあったりするので、それには期待。

プレミアム会員なら50GBだけど、そうじゃなければYahooBoxは5GB。
そんな中で無料で25GBを用意してくれるSkyDriveならSDExplorerを使うと便利。SkyDriveを仮想フォルダとして使えるので、ローカルPC上のフォルダやファイルを仮想フォルダへドラッグ&ドロップでアップロードできる。
前出で書いたWindows Live メッセンジャーの共有フォルダの機能がなくなった辺りに登場したSkyDriveだけど、SDExplorerを使えばDrag&Dropするだけでファイルをアップロードできるので誰かと共有設定だけしておけば無料で25GBまでの共有ストレージが使えるので、密かにおすすめ。

その他にもKDriveNドライブSugarSync等もあったりするけど、今のところはPogoplugに繋いだ外付けHDDには大量のデータを保存して他のHDDへアクティブコピー。作業中のファイルはDropBox。
そんな使い方が便利で、どこからでも自宅のファイルを取り出せるかなーと。

おわり。