CONVOY88で書いたEye-Fi Mobile X2 8GBが何故か手元に(゚д゚)
Eye-Fi (3)

購入したばかりのCLASS10なマイクロSDHCはSO-02Cに入れる事になりそうだな。
Eye-Fi (6)

このSDカードに無線LANが内蔵されてる訳ですよ。
Eye-Fi (7)

付属のカードリーダーでPCに接続して、早速設定。
Eye-Fi (4)

10分程度で完了するので、画面のキャプチャは面倒なので省きます(・∀・)

Eye-Fiのアカウントを作る
※メアドを持ってれば誰でも作れる。

無線LANの設定
※敢えて難しい箇所を選ぶとしたら、無線LANのパスワード。AOSSなんかで設定していたら、WEBから設定画面を開いてパスワードを確認したりしないとダメ。パスワードさえ把握してれば、特に問題なし。

アップロード先のWEBサービスを選ぶ。
※かなりの数のWEBサービスが対応してるけど、その中の1つのみ選べる。
Picasaなら、大きな画像は2048×2048に自動リサイズされる制限はあるけど、Google+と連携して容量無制限なので、Picasaを選択。

PCの保存先フォルダを選択。
※デジカメ画像の整理の方法は人によって色々あるけど、201109や201110と月ごとのフォルダを作って整理してるので201109や201110と同じ階層にファイルが落ちてくるように設定。

完了
Eye-Fi (5)


普段使ってるCX-3にEye-Fiを入れて撮影してみたら、最初の1枚は20秒程度で指定されたPC内のフォルダとオンライン上のPicasaのフォルダへアップロードされてました。
※Picasaへのアップロードを選択してる場合は、非公開設定を忘れると大変なことになるのであしからず。
Eye-Fi (2)

CX-3にしてから使ってなかった前のデジカメにもEye-Fiを入れて試してみた。
Eye-Fi

これも問題なく撮影した写真が指定したフォルダへ移動。
WS000008

Picasa+Google+の容量無制限を利用して、撮影した写真のバックアップ用オンラインストレージとして使える。
WS000007

SO-02Cにも同じ機能があるので、撮った写真は全てWEBへ非公開UPで保存できる様になりました。

今回は自宅のWi-Fi内での使い方だったけど、Eye-Fiにはダイレクトモードといって旅先等のWi-Fiじゃない環境でもスマホのアプリで写真をUP出来る機能があるので、それはまた今度。

それにしても、今まで使ってたデジカメにこのカードを挿すだけでこの環境になるのは驚きでした(゚д゚)