EazyTetherTeamViewerは前回書いたので、今回はWi-fi Keyboard。

まずはWi-fi Keyboardをダウンロード
Wi-fi Keyboard




ダウンロードが完了したら、
設定>言語とキーボード>Wi-fi Keyboardにチェックを入れておくべし。
Wi-fi Keyboard (4)

・・・で、そんな設定を行ったらWi-fi Keyboardを起動。
Wi-fi Keyboard (3)


端末の画面に表示される
Connect your computer's browser toの後の
【http://192.168.1.3:7777】をPCのアドレスバーに入力。
※これは毎回変わったりします。

問題がなければPCのブラウザにWi-fi Keyboardの入力画面が表示されます。
※表示されれば、特に設定は不要。
※3G回線では表示されないので、同じWi-Fi環境下に端末を置く必要有り。
Wi-fi Keyboard(5)

PCのブラウザにWi-fi Keyboardの入力画面が表示されたら、端末側はメールの作成画面やらテキストを入力する画面に切り替えてOK。
テキストを入力する画面を長押しして、入力方法からWi-fi Keyboardを選択。
※これを行わないと、PC側で何を入力しても入力文字は反映されません。

でも、Wi-fi Keyboardは便利だけど日本語入力には今の所対応していない(゚Д゚)
ローマ字入力はストレスなくサクサクと入力ができるんだけどね。

でも、殆どのユーザーが日本語での入力を必要としてると思うので、そんな時はメモ帳等を開けばOK。
メモ帳等で入力した文章を、コピってWi-fi Keyboardの入力欄にはりつければ巧く反映されます。
Wi-fi Keyboard (2)

長文や何かのキーワードでひっかかるのか、稀に強制終了の警告が出る辺りがイマイチだけど、それなりに使えるアプリです。

spモードメールより、i-modeメールの方が便利。で書いたけど、i-modeメールはi-mode.netを使えばPCでメールの返信等ができるけど、SPモードメールはi-mode.netの様なサービスが今の所ない。sp-mode.netみたいなサービスを展開してくれるといいのにな。docomo。

そんな訳で、sp-modeメール等で長文を返す必要が出てきたりしたらWi-Fiキーボードを使うのも有りかなーと。