修正:ジャイロX トライク(軽二輪) キックギア調整で、キックギアの合わせ目とバネの掛け位置を正しく変更してるので、調整も参考にしてください。


ドライブベルト交換で、クランクケースにヒビが入ってしまう惨劇が起きた後、キックが使えなくなってる事が発覚。

クランクケースを開けてみたら、キックのギアが曲がってるではないか(゚д゚)!

そんな訳で、某○フオクでキックのギアを他のギア類と纏めて落札。
キックギアキックギア (1)

右側の写真の奥が曲がってしまったギア。
手前は落札した中古なギア。
サイズ等は一緒だけど、色が違う。素材が違うのかな?



落札したキックギアにはカラーが付属されておらず、曲がってしまったギアから流用。
キックギア (2)キックギア (3)

曲がってしまった原因は、本来クランクケースの蓋側に組み込んでからクランクケース本体へ蓋をしなきゃいけなかったのを、クランクケース本体側にギアを組み込んでしまった為、バネが作用せずにキックギアがクランクケース内でメキメキになってしまったと推測。

クランクケースの蓋側のこの部分にキックギアのバネを引っ掛けるべし。
キックギア (4)キックギア (5)

ここにバネを引っ掛ける事によって、降ろしたキックがバネの力で戻るアナログな構造。

クランクケース本体に蓋を戻して、キックを取りつければOK。
キックギア (6)キックギア (7)
後はタイヤを戻して終了。

無事にキックも使える様になり、ドライブベルト交換前と比べて最高時速が5kmUp。

今まで50kmが最高だったのが、55kmまで出る様になった( ・∀・)フム

低速の加速がパワーフィルター化でUPしてるので、ウエイトローラーを交換して加速重視なセッティングにすれば60kmまでは伸びそうだな。

このチャンバーを購入して装着すれば+10kmでそうだけど、3万円チョイだから購入は検討致そう。

3万出すなら、他のベース車両が買えるしね。


そんな訳でクランクケース磨きから始まったドライブベルト交換は無事終了。

おわり。

キックギア (8)