天気の良い昼下がりに起きたら嫁が出かけてしまっており、蛻の殻な休日となったので久々にSTEEDに跨ってみた。


・・・運転し辛いな、これ(゚д゚)

晴れてるし、役立ってる割には全くと言っていい程整備をしていないジャイロXの消耗パーツを購入しに、○ップスへ。


『晴れてるしバイク日和だな〜(*´Д`)』

と、呑気に走ってたらやたらとスピードがでない。


『1-2か月まともに動かしてなかったから、グズってるのか!?』

と思いつつ暫く走らせたけどダメ。

うららかな日和の中、路肩へスティードを移動させてバイクいじり。






フロント側のプラグ。
スティードイグニッションコイル

黒い。濃いめにセッティングしてれば、想定内の黒さだったけどノーマルマフラー用にセッティングしてからマフラーを抜けの良い社外マフラーに換えてるから、白っぽくなってる筈だったから、ここに原因がありそう。

で、リア側。
スティードイグニッションコイル (1)

予想してたよりは白いけど、想定内。
こっちはセッティングの問題なので、吹け上がらない原因はフロント側。

プラグコードの劣化か、サイドマウントしたイグニッションコイルの腐食かな〜と。

腐食防止の為にビニールテープでグルグル巻きにしてたけど、これは見た目が悪いな(・∀・)
スティードイグニッションコイル (2)スティードイグニッションコイル (3)

プラグを外して、火花チェック。

これ重要。

リア側は予想通り、火花がしっかり飛んでる。

フロント側は火花が確認できない。
プラグの焼け色や火花が飛んでるか飛んでいないかを確認できれば、急なトラブルも早急に対応出来る・・・・と思う。

まぁ、トラブルが無い様に整備しとけばいいんだけどね。


結局原因は、フロント側のイグニッションコイルの下側の配線が外れてただけだったけど。

そんな訳で、配線を処理したら見事に復活。
スティードイグニッションコイル (4)

そろそろ、このタンクに飽きてきたな。

おわり。