ステアリングステム ベアリング交換でも、ガタつきが解消されなかったSTEED。

初心に帰ろうと、調子が良かった頃のバイクの画像を眺めてみたら・・・

調子が良かった頃
昔の画像


今の画像


そう、カラーの位置が若干違う。
このカラーの位置を変えたからといって、何かが急激に変わるとは思えなかったけど変えてみる事に。



お決まりのジャッキアップ。
ジャッキアップ

カラーの位置を変更。
調整

※社外のスプリンガーフォークを使ってるので、サービスマニュアルには記載無し。

ブレーキパッドを見てみたけど、ガタつく様な原因は見当たらず・・・
ブレーキパッド

カラーの位置を変えたらブレーキキャリパーがディスクに当たってしまうようになったので、キャリパー側にカラーを追加。
カラー

キャリパーの動きが鈍くなってた可動部分をグリスアップ。
組み込んで試走してみたら、今までのガタつき具合が30/100だったものが3/100程度にまで収まりました。

カラーでの位置調整は気持ち的なものだから、キャリパーの可動部分へのグリスアップが功を奏したのかな?

そんなこんなで、この後は保土ヶ谷へ向かうのでした。