其の壱の続き。

『なんで、光量が上がらないんだ?』

と、頭の中で考えた結果、無駄なスイッチやら何やらの所為で必要な電力がバッテリーから届いてないんじゃないか?と結論が出たので、恐らく直列で無駄に電力を消費してるであろう箇所をとばして、並列でヘッドライトに電力を送ればいいんじゃないかな〜?と、シガーソケットの配線やらスイッチを利用して電力をUPしてみよう(出先なので配線をイジるセットがなかった為)と考えたけど、明らかにパーツが足りない・・・

ブログに書いたら何か有益なコメントを貰えるかなー?と思ったのに、笑えるコメントだけで無益w

材料も時間もないので、当日に車検を通すのを諦めて所用を済ませた後は更にナップスへ。

配線やらスイッチやらを購入したのに、リレーが売ってない(;´Д`)

ハテサテどうしたものかと考え込んでたら、HIDキット横にヘッドランプブースターなる商品を発見。
ヘッドライトブースター

どうやら、材料を買い込んで電力をUPしようと思ってたものが商品になってるではないか( ・∀・)

・・・でも、8千円チョイ。
安価に済ますなら、自作。確実さを求めるならヘッドランプブースター。

悩んだ末にヘッドランプブースターを購入。

このリレーが売ってなかったので、自作を諦めたのですよ。
リレー


作りは至って簡単。
カプラー

ヘッドライトとバッテリーを直結する間に、リレーが2つ(恐らくHiとLow1つづつ)とカプラーがついてるだけ。

そう考えると高いな・・・

ヘッドランプブースター
ヘッドライトブースター


ヘッドライトが繋がってるカプラー
カプラー

カプラーを外して挟み込むだけ。
外して装着

バッテリー側は+と−を間違えずに取り付けるのみ。
バッテリー側

『こんなんで、本当に明るくなるのか!?』

と半信半疑だったけど・・・

装着前
装着前

装着後
装着後

昼間でも、効果が判る位に明るくなった♪

夜にも撮ってみた。

装着前(ヘッドランプブースターを外してみた)
ヘッドランプブースター装着前

装着後
ヘッドランプブースター装着後

凄いな。

HIDキットを入れるのも考えたけど、あれは収納する場所に困るからこれで良かったな。

そして、指定工場なナップスなら光軸検査が出来るか聞いてみたら、世田谷店なら出来ますよ〜的な回答だったのでまたしてもナップス。

光軸を合わせて貰い、1260円。安い。

光量も問題なし。


そんなこんなで、翌日。

当日なら、何度検査レーンを通っても追加料金がないけど、日を跨いじゃったので、

検査登録印紙代:400円
審査証紙代:900円

の合計1300円を追加で支払い。

自動車検査証
自動車検査票

限定な印
限定印

限定自動車検査証(その1)
限定自動車検査証(その1)

限定自動車検査証(その2)
限定自動車検査証(その2)

×印
ばつ

1300円を払って受付を済ませたら検査レーン。
検査レーン

光量と光軸の検査だけだったので、5分程度で終了。
20年7月

新しい検査標章
22年7月


検査登録印紙代:400円
審査証紙代:1,300円
重量税印紙代:5,000円

自賠責保険(2年):13,400円

本来ならこれで済んだのに、

ヘッドライト&バルブ代:13,000円
ヘッドランプブースター代:8,190円
検査登録印紙代:400円
審査証紙代:900円

が追加でかかってしまいました(;´Д`)

まぁ、ヘッドライトは暗い暗いと思ってたので交換しようとは思ってたので、必要経費だよね。
ヘッドランプブースターの存在をもうチョイ早く知ってたら、検査登録印紙代400円+審査証紙代900円を削れたな。

勉強になったので、これはこれで良いけどね。


おわり。