前回の日記で書いたブレーキキャリパー。

HONDAのお店に持っていくか自分でやるか悩んで、あっさりと自分で直してみる事に・・・

まずは電動ドリル。
電動ドリル

充電式を使ってるので、予め充電しておかないと使い物になりません。

このボルトが舐めたので、電動ドリルでエキストラクターの下穴をグリグリと開けます。
キャリバーのボルト

エキストラクターは舐めたネジやら、折れたボルトを取り出せる逆ネジ山の硬いボルトみたいな品デス。

バイク用品店やらホームセンターなんかの片隅に売ってます。


・・・で、空けた下穴にエキストラクターをハンマーで打ち込みます。
エキストラクター

打ち込むとこんな感じ。
エキストラクター打ち込み

これに、タップハンドルをつけて回しこむと見事にボルトが外れる筈なのに・・・
折れ込みボルト抜きが折れた

ポッキリと、エキストラクターが折れてしまいました(-_-;)

キャリパーのボルトに白錆が出てたので、恐らくボルトが固着してるんだろうけど折れ込みボルト抜きが折れてしまうくらいに固着してるとは・・・(-_-;)

参った参った。
そのうち何とかしないとな。


・・・で、そんなこんなな作業が終わって暫くするとSlowRiderのMr.過積載氏(仮名)登場。
過積載

キャリアも付いていないSTEEDに、コンポやら小型冷蔵庫を無理矢理括りつけて帰って行きました。


本当は、

『走ってる途中で冷蔵庫がぁぁ〜(゜o゜)』

なんて連絡が来るのを楽しみにしてたのに、どうやら無事に帰宅出来たみたいで残念無念w


おわり。