何日も前の話になるけど、両親がきてた時の話。

夕方の新幹線で帰るので、朝御飯を家で食べた後は井の頭公園へ(・∀・)

渋谷〜吉祥寺を結ぶ井の頭線。
昼間は渋谷方面へ向かう電車は混んでたりするけど、吉祥寺方面はガラガラ(*´Д`)イイネー

天気が良かったので、吉祥寺じゃなく井の頭公園駅で途中下車。
井の頭公園駅

紅葉で色づいてる井の頭公園(*・∀・*)
井の頭公園・池と紅葉



赤・黄色・緑と天高く馬肥ゆる秋。
井の頭公園・紅葉

大道芸人( ・ω・)
井の頭公園・大道芸

スワンボートも沢山(・∀・)
井の頭公園・池とスワン

休憩スポットな茶屋
井の頭公園・茶屋


池の先に見えるのは弁財天。
井の頭公園・弁財天

ヒンドゥー教の女神のサラスヴァティーが仏教に取り込まれたのが弁財天。
水流の音が音楽や豊かに溢れる言葉を連想させるから、音楽や芸術・学問全般の神様として信仰を集めてたり。

池を回りながら歩くと、弁財天の真向かいには小さなお稲荷様。
堂

鳥居

お稲荷様を参拝した後は、弁財天へ。
弁財天と池

弁財天の近くには井泉亭も在ったりして、ここでも休憩が出来たりする。


弁財天

弁財天

井の頭弁財天のご本尊は8本の手を持った八臂像

この鎮魂供養碑に書かれてる言葉は、好きな言葉なので暇な方は覗きに言ってみてね(*・∀・*)
鎮魂供養碑

聖観世音菩薩
聖観世音菩薩

吉祥寺の丸井側から井の頭公園へ入ると、ベンチがカップルだらけで座れなかったりするけど、この弁財天脇のベンチは眺めもいいのにマイナー過ぎて空いてるからなかなかいいよ( ・ω・)
ベンチ

デートなんかにお薦め♪
池

さらに公園内を散策すると、御茶ノ水の由来の看板。
お茶ノ水の由来

お茶ノ水

『徳川家康がここへ来たりしてたんだなー』

なんて、チョットした歴史に触れたりもしつつ散策。

木々に覆われたベンチ。
池とベンチ

池とベンチ002


学校が吉祥寺に在ったから、吉祥寺とはもう10年弱な付き合い。
吉祥寺って街が帰省した際に両親にも伝えてたけど、吉祥寺の自然の多さに驚いてたね。
池と鳥

池と鳥002

今日のワンコ( ・ω・)
ワンコ

木漏れ日を浴びて、眠そうなワンコ。
木漏れ日

噴水

やたらと近づいてくる水鳥。
鳥

鳥々

更に、ニャンコ。
ニャンコ


この後に、いせやへ焼き鳥を食べに行ったりして、両親が上京してきた最後の日を満喫したり致したのでした。