昔は良くやってた家での呑み。

いつからやらなくなったんだろう(・。・)?

『環境が変わると付き合う友達も変わる』

そんな言葉を聞いた事があるけど、きっとそうなんだと思う。

極論なんだろうけど、環境が違えば自由になる時間だって変わってくるし、楽しいと思えるポイントの様なものも違ってくるんだと思う。

自分の部屋に帰らずに、飲み明かしたまま仕事に行ったりしてた友達だって、仕事が変わっちゃえば会う間隔が長くなり、徐々に疎遠になり、久々に会っても離れてた隙間を埋める様な会話ばっかりになる。
以前の様に、重なり合い時間を共有している様な会話にはならない。

それでも、友達は友達。
思い出に埋もれていくのかもしれないけど、大切なモノ。

だけど、やっぱり生きてる時間をシンクロさせ、楽しいと思えるポイントで同じように点火させられる人がいた方がいいよね。

何だか遠回しな言い方だけど、今の環境で遊んでる皆がそう。

バイクで走りに行ったり、呑みに行ったり、食べに行ったり・・・

でも、友達と思いつつも、最近は便利になったツールの所為で、本名を知らなかったり、下手すると連絡先すらまともに知らない人が居たりする(;-o-)

『本名も連絡先も知らないなんて、友達なのか!?』
何て事を言われちゃったりするかもね。

確かに。


まぁ、何が言いたいのか良く解んないけど、もっと親密に付き合っていこうって事。

『あれ? そーいや、連絡先知らないや・・・(;-o-)』

なんて心当たりの方は御一報下さい。



何でこんな話が出てきたのかというと、出会いはバイクやここみたいなHPだったりで繋がった仲間がいるんだけど、その一人の家に最近行ってきたんですよ。


八方美人だけど、殻を割る事がない。
誰かに寄り掛かった時の快楽より、居なくなったり離れちゃった時の寂寥が痛い。

着かず離れずな距離が、楽しんで傷つかない良い方法なんだと思い込んでたかも。


最近、ひどく裏切られた事がある。
ここにも一切書いてない事。

その所為で殻が厚くなってた筈なのに、すんなりと入ってくるって事は、あの場にいた人間には物凄く心を許してるのかも。

ひどく傷ついたからからこそ、殻に罅が入ってたから容易に入り込まれたのかな?

こんな風に何でも面倒臭く考えちゃうのは悪い癖だとは思うけど、口下手な上に筆無精にまでなったら解ってもらえないしね。


結局何が言いたいのか纏まらないので、この話はこの辺で(・∀・)ノ


無駄に電話やらメールでも致し合いましょう。