以前にXL250Sが倒れてきて、ハンドルがリアボックスに当たってリアボックスがひび割れてしまったんですが、そのヒビがリアボックスの蓋の開閉の所為で割れにまで発展(-Д-) 取り敢えずは、ビニールテープで凌いでたんですが、雨水が浸水してきたので、今回補修作業をする事に(・∀・)ウホホーイ

これが割れてしまったリアボックスの角。
リアボックス欠け

穴が開いてる状態なので、そのままパテで埋めれないので、裏側にアルミ板をあてがって、更にアルミ板をアルミテープで留めます。
アルミ板



裏にアルミ板をあてがうと、こんな感じになります。
パテ前

後は、2液タイプのパテが垂れないように硬めに混ぜつつ、モリモリに盛っていくだけ・・・
パテ後

パテを大量に混ぜてしまうと、すぐに乾いて固まってしまうので、適度な量を

混ぜて

盛って

混ぜて

盛って

を繰り返せばOK。
こんな感じになります。
パテ後もりもり

時間を置いて硬化させたら、耐水サンドペーパーを使って面出し。
サンドペーパー

要するに、平らにして綺麗にするって事。塗装もして、完璧に仕上げたいなら面出しはきっちり行いましょう。
割れも補修

リアボックスの反対側にも若干ヒビがきてたので、補修補修。

リアボックス自体がそんなに高いものじゃないので、補修にお金や時間をかけるなら買いなおした方が早いってものあって、塗装は省いて黒のビニールテープを貼ってパテ後を誤魔化してみた(・∀・)ウヒョヒョ 
完成

手抜きだけど、補修完了。
STEEDエンブレム

ついでに、余ってたSTEEDのエンブレムをリアボックスの蓋にボルトで留めてみた。

奇を衒って、ジャイロに付いてそうな、デッカイリアボックスでもつけてみよーかな〜w