組み立て作業がある程度終わったSTEED。

反応しなかったセル。原因は不明だけど、何故かセルは反応する様になりました。

まずはスパークユニットを不動の400から外して、実働の600にそのスパークユニットを着けてみてエンジンがかかるか試してみると、見事に逝ってました・・・(-Д-)

【CDI】って、【スパークユニット】だったり【イグナイター】だったり呼称が違ってるんだね(・∀・) いや、実は別々なものをさすのかな??

まぁ、いいや。
ここではスパークユニットでいきます。

そんな訳で、逝ってしまったスパークユニット。逝った原因は雨晒しにしていた所為。スパークユニット内に雨水が浸入。

(-Д-)ァァー

まぁ、壊れてしまった事を嘆いてもしょうがないので、作業を進めてみる。
不動なスティード400に実働の600のスパークユニットを装着。セルを回してみると、セルの反応はだいぶ良くなったけどエンジンはかからない・・・
念の為プラグも4本共新品に交換。

やはり駄目(;´Д`)

そんなこんなしてるうちに午前の部終了。

昼御飯を食べてると、チョット不快指数が高まったのでまたしてもバイクの修理に没頭。

エンジンは完璧な筈だから(←自画自賛)と、今度はキャブレターを疑ってみる。
キャブレス

OHに取り掛かってもいいけど、せっかく実働なSTEEDが近くにあるので実働の600からキャブを外してみて、不動の400へ装着。
Wタンク

フューエルホースやら、フューエルポンプも600のものを装着。

見た目は変だけど、まぁこんな状態になってる訳ですよ。
Wタンク2

それでセルを回してみると、見事アイドリング♪(*・∀・*)ウホーイ

フューエルポンプ・タンクと不動だったものへ戻していきながら、エンジンがかかる事を確かめ、不動な原因がキャブにあるのを突き止めました( ゚ρ゚ )フムフム

キャブのみ600ccのものを装着した状態。
キャブのみ交換

セルをまわしてみると・・・

(*´Д`)ウゴクー

いやー、エンジンをおろす前は問題なく動いてたから、キャブの中まで見てなかったよ。キャブをしっかりOHすれば、不動が実働に変わるな。

こんな風にバラして、しっかりとOHしようかと思います。
キャブ分解