エンジン修復完了した、STEEDのエンジン。
このエンジンがなかなか重くて、部屋から階下、更に駐輪場まで運ぶだけでシンドイ(;´Д`)

エンジンレスなフレームだけなスティード(・∀・)
フレーム

これから載せるエンジンとフレーム。
フレームとエンジン


エンジンを載せる為にフレーム下に雑誌を数冊置いておきます(*・∀・*)
雑誌

サイド出しキャブのスティードは稀に見かけるけど、エンジンサイド出しのスティードは唯一じゃないかな( ・ω・)?
エンジンサイド出し

エンジンサイド出しw
エンジンサイド出し2

そんなお遊びはおいといて、エンジンを車体右側から巧嵌め込みます。
エンジン搭載


嵌めこんだらエンジン降ろしで外した逆順で、ボルトで留めていくだけ(*´Д`) 意外に簡単。
ゴムハンマーとジャッキは必要になるので用意すべし。

スイングアームピボットボルト(フレームとスイングアームとエンジンを同時に留めるボルト)が、一番取り付けに苦労するとは思うけど、これを最初に嵌めちゃえば後は殆ど問題ないよ(・ε・)

完了
エンジン搭載完了


『クランクシャフトが回らないかも・・・』
と思ってたけど、確認してみたら問題なく回ったし圧縮もあったので、キャブやらラジエーターやらを取り付ければ動く筈♪
ただ、フレームを放置していたら、CDIらしき黒い物体に若干水が溜まってたのが気になる・・・


エンジンを降ろしたり載せたりした作業はこちらから全部見れます(・∀・)

エンジン