フレームから外して、部屋に持ち込んだSTEEDのエンジン。
スティードエンジン

STEED好きなら、これを眺めながらお酒を飲んだりできます(・∀・)

シリンダーヘッド
シリンダヘッド

なんでエンジンを下ろしたのかと言うと、リア左側のプラグを挿すネジ山が潰れちゃってるから・・・(;-o-)
スプリンガーフォークを部品取りにする為に、車体ごと某オークションにて落札したんだけど、出品者はネジ山がイカれてるのを知ってたんだろーなー(;-o-)
引き取ってから、きちんと確認しなかった自分も悪いんだけど・・・

ボルトを外せは、簡単にパカっと外れます。
ヘッドカバー

赤いテープはエンジン内部に埃なんかが入らないようにカバーをしております。
ヘッドカバー2

カバーが外れると、かなりメカニカル(*・∀・*)
シリンダヘッド

このメカニカル加減で御飯が食べれちゃう人は、かなりマニアック( ・ω・)
シリンダヘッド2

ウォーターパイプもチョイチョイっと外しましょう。
ウォータパイプ

ウォーターパイプの根元のOリングは発注しなきゃいけなそうな位にダメになってるな(;´Д`)
ウォータパイプ2

タイミングホール
タイミングホール

何かのタイミングを計るだろう穴。←感覚でしか解ってないので、詳しい人はコメントに書いて下さい・・・(;´Д`)

カムチューンテンショナを外すボルト
カムチューンテンショナ

2本外せば外れます。
カムチューンテンショナボルト

ニョッキリ出てきてる辺りのパールがカムチューンテンショナ。カムチューンの張りを調整してくれる、なかなか重要なパーツ。
カムチューン&テンショナ

一番上が、オイルガイドプレート。
オイルガイドプレート

オイルガイドプレートを外して、ロッカーアームシャフトを抜いているの図。
ロッカーアームシャフト

カムシャフトホルダも外れます。
カムシャフトホルダ

ヘッド取り付けボルト。結構長い。
ヘッド取り付けボルト

ヘッド取り付けソケットボルト。
ヘッド取り付けソケットボルト

そして、今回問題になっておりますカムスプロケットボルト。
カムスプロケットボルト

2本あって、1本は問題なく(結構トルクをかけて外しましたが・・・)外れたんだけど、もう1本が外れない・・・(;´Д`)ハァハァ・・・
舐めたカムスプロケットボルト

道具が悪かったのか、手順が悪かったのかもの凄く固くてボルトが舐めてしまいました・・・

プライヤーで無理矢理回そうとしてしまい、ボルトの頭はグニョングニョン(*´Д`)ナンダコレー

このボルトが外れてくれれば、ガバッと外れてプラグを挿す穴の修復が出来そうだってのに・・・

んー、参った参った。