イージーライダース製のイージーライダース/ショットガンエアクリーナーキット STEED400を安価にて購入(゚∀゚)
ショットガンエアクリ


SUキャブ装着時は吸気音も排気音も見た目も物凄い満足がいったんだけど、どうにもこうにも不調が多い(*´Д`)

街乗り仕様のローライダー系カスタムならいいけど、ツーリング仕様のツアラーカスタムのSTEEDにはSUキャブは向いてないなーと諦めました。

ノーマルエアクリ&ノーマルキャブ&ノーマルマフラーは性能的には非常に高いけど、見た目の良さに欠ける・・・

先日ノーマルに戻したマフラーをそのうちこいつに戻します(*´Д`)
イージーライダース/FLHスタイル2in1マシンガンマフラー
イージーライダース/FLHスタイル2in1マシンガンマフラー STEED400


このマシンガンマフラーに合うエアクリなら、ショットガンもいいけどマシンガンのエアクリの方がいいに決まってる♪
ガトリングカバー

イージーライダース/ドリルドエアクリーナーキット

イージーライダース/ドリルドエアクリーナーキット STEED400


今は、マシンガンタイプのエアクリは廃盤になってるのか、ドリルドエアクリーナーしか扱ってないみたい( ゚ρ゚ )
いいね、廃盤製品。他の人と被らない。


ただ、セイもマシンガンタイプのセットを持ってる訳ではなく、マシンガンエアクリのカバーしかもっていないので、他は自作するしかない。

100均で購入。ステンレスカバー(・ε・)
ステンレス製品


通常はキッチンで粉をアレする代物です。
バイク用で購入しちゃうと、数千円はするだろうし、サイズを合わせてワンオフしようものなら数万円になっちゃいます。
それが100円。いいね100均。

エアクリの内側に使うプラスチックカバー。
プラスチック製品

もちろん、これも100円。
カバーをワンオフするには、型どってプラ製品を作れるものがハンズやバイク用品店にうってるけど、手間もかかるしお金もかかる。
サイズが合いそうなプラスチックの容器を見つければ、100円とチョットした加工で使い回せます。

まずは、ショットガンのカバーを外して、エアクリの三角カバーに合わせて、プラスチックの容器を合わせてみる。
エアクリ内側

ボルトを通せる様に、マジックで印をつけて電動ドリルでも使って穴をグリグリと空けます。
電動ドリルを使う場合は、焦るとプラスチック製品に割れがでるので、ゆっくりと穴を空けて下され(・ε・)

穴空け加工終了。
穴あけ加工

プラスチック製品が割れたり欠けたりした場合に、キャブに吸い込まれてしまわないように、ビニールテープで補修。
穴あけ加工2

内側になるので、テープが赤かったりして見苦しいのは関係無し( ゚ρ゚ )

空けた穴にボルトを通して、三角カバーとドッキング。
三角カバーとプラスチック容器に隙間があると二次エアーを吸い込んじゃうので、これもビニールテープでOKなので隙間を埋めるが如くにグルグル巻きに致します。
隙間加工

見た目が悪くても問題なし。
だって、内側のカバーなんだから・・・

そして、空気中の埃なんかを綺麗にしてくれるフィルターはこいつ。
HONDAスクーター用フィルター

先日、埼玉のスティード乗りとラーメンツーに行った際にナップスで購入した、HONDAのスクーター様のエアフィルター。

内側のケースに合わせてハサミでジョキジョキと切っちゃいます。
フィルター加工

内側のプラスチックケースに嵌めたら、フィルターの装着は完了。
内側のプラケースより少し大きめに切って、隙間が出来ないようにはめ込むのがミソ。

ガトリングカバーを装着。
ガトリングカバー装着1

見た目を良くする為に、装飾ボルトを使用。
ガトリングカバー装着2

これで完成。

夜の帳が下りる中、ノーマルエアクリを外してマシンガンエアクリーナーを装着。
スティードに装着1

マシンガンエアクリ?
ガトリングエアクリ?
スティードに装着2

まぁ、どっちでもいいか・・・

まだ走ってないけど、特にセッティングも必要無さそうだな(*・∀・*)ウヒョヒョ