最近、チョットした段差でもガツンガツンとお尻が痛かったので、
『サスがヘタってるのかな?』
なんて思っておりました。
でも、

『サスなんてそう易々と壊れたりしないだろー』
と甘く見てましたが、某M氏のブログにてサスのオイル漏れ&サスの交換の記事をみてしまったので、こんな事もあるんだなーと思っておりました。

STEEDが不調で暫らく乗ってなかったからなのか、以前からそうだったのかは判らないけど、段差での振動がリジットサス並になってきたし、走行中にカシャーンカシャーンと異音がするので、ほったらかし温泉ツーに備えてサスを交換する事に・・・

初代STEEDのノーマルサス。
ノーマルサス

初代STEEDはリジットサスにしてた状態で盗まれちゃったので、ある意味遺品。

まずは、サスを外しても問題無いようにフレームにジャッキをかける。
ジャッキアップ

ジャッキは車用で充分です。

サイドスタンド下に、要らない雑誌数冊を挟むと、後程作業がしやすくなります。
サイドスタンド下


ジャッキの準備が終わったら、リヤクッションマウントボルトを緩める。
右フロント
車体左側はヘキサゴン。
左フロント
サス交換や、タイヤ交換をする際にボルトが固くて回らない場合があるので、長くてトルクがかけられるレンチの様なものを一本持っておくと便利です。
この工具の名前が良く解んないけど・・・(;-o-)

リヤクッションマウントボルト(サスをフレームに留めてる前側のボルト)と、リヤクッションロアマウントボルト(サスをフレームに留めてる後ろ側のボルト)を緩めて、ボルトを抜く。
たぶん、前側のボルトは工具で回してれば簡単に抜けるけど、後ろ側のボルトはけっこうジャッキアップをして浮かせないと抜けないかも・・・


無事にボルトが抜けたら、シート下のオイルポンプ等を左右へずらして、オイルポンププレート(オイルポンプなんかをきっちり収めておく鉄板みたいなヤツ)を外しましょう。
こいつは、車体左側にボルト1本で留まってるので、ボルトを外せば簡単に外れます。
シート下

ポンプや配線類を巧く左右に避けて、オイルポンププレートを外せばサスを簡単に外せます。

サスも、後ろ側(スイングアーム側)が外し辛い時はジャッキアップしまくると容易く外れます。
この時にサイドスタンド下に雑誌なんかを挟んでないと、車体が物凄い斜めります(;-o-)キケン

サスを無事に外してみてビックリ(×_×)
壊れてるサス

サスのクッションスプリング下のアジャスタシート辺りがごっそりと割れてる・・・
壊れてるサス2

しかも、黒いビニールテープで補習した跡が・・・(;-o-)
STEED600を購入した時から、車体がSTEED400のショートサスと同じ高さだったから、勝手にショートサスが着いてると思い込んでたけど、ノーマルサスだ・・・
ノーマルがヘタれて、ショートサス位の車高になってたのかー(×_×) きっと、フロントをスプリンガーフォークに換えたから、ビニールテープでの補習なんかじゃ誤魔化しがきかなくなったんだろうな。
それにしても、前オーナーは知ってたのかな? このインチキサス。

愚痴は置いといて、今度はノーマルサスをはめる。
仮にはめたら、前側のマウントボルトを仮締め。リア側はゆっくりとジャッキを下げながら、サスと車体のボルトの穴が合わさる様に調整しながらロアマウントボルトを仮留め。
キッチリとサスが納まってて問題無さそうなら本締めして、オイルポンププレートやポンプ&配線類、シートを戻して完了♪

今回は一時間もかからずに終わったなー(・∀・)
初めてサス交換に挑んだ時は丸一日、試行錯誤しながら汗だくになってたってのに(・。・)
サス交換後
サスをノーマルに戻したから、車高があがったけどツアラーカスタムだから、低くなくてもいいね。
サイドボックスを着けて、マフラー&エアクリを換えようかな〜。