深大寺に行ったついでに、おもてなしの味 そばごちそう 門前食べて参りました(・ε・)
メニュー

深大寺の門の真ん前。一等地とも言えそうな場所にあるから入ってみました。
ストーブ

店内には結構お客さんが居たけど、テラス席の様な席には誰もいない。
でも、ストーブが焚いてあり暖かいので迷わずテラス席。



テラス席と言っても、簾で囲まれたりしてるのでお店の中って言ったらお店の中。
簾

メニューも色々あったけど、何となく天ざるそばを注文。

そばを注文してからメニューを眺めてたら、「手打ち 粗碾そば」なるものを発見(*゚Д゚) ムホムホ

【粗碾そばは出雲の亀嵩にて水車製粉で挽かれた特注品です。
深大寺と出雲のご縁は作家の松本清張氏が、しばしば深大寺に遊び、当店にて小説『波の塔』の深大寺の章を執筆されたご縁で『砂の器』の出雲亀嵩と結ばれたものです。
「深大寺で出雲そば」の不思議を味わい下さい】

HPから引用

メニューにも出雲がどうのこうのとかいてあったけど、深大寺なのに出雲そば? これは深大寺そばじゃなくて出雲そばなのかな?? まぁ、良く解らないけど・・・
更に気になったのが、この粗碾そばだけ「手打ち」と書いてある(-Д-) もしや、普通のそばは手打ちではなくて既製? ん〜良く解んない。

【おそばは全て150円増しで粗碾そばに代えられます。】
150円足して、手打ちにすればよかったかな? でも、150円足したら深大寺そばじゃなくなっちゃうのか?(・ε・)?

そんな事を考えてるうちに、天ざるそば到着。
天ざるそば

天ざるそばアップ

天麩羅は普通に美味い。蕎麦も普通に美味しいけど、普段から蕎麦をそんなに食べないからだろうけど、今まで食べてきた他のお店との味の違いが良く解らない(*・∀・*)
相変わらず、駄目な舌だ。

まぁ、また深大寺に来る機会があるから、他のお店と食べ比べてみよう( ・ω・)

セイの評価:★★★