初七日
二七日
三七日
四七日
五七日
六七日
七七日
百ケ日

そんな、初七日を執り行ってきました。
深大寺動物霊園
初七日は仏教的に言えば、死者が三途の川のほとりに到着する日。死後七日目に十王の裁きによって、死者が川の激流か急流か暖流のいずれかを渡るかが決められるとされている。そのため、死者が無事に暖流を渡れるようにと願って営む法要。
七日毎に裁きがあり、七つの関門をくぐらなきゃいけない。生前の行いが悪くても法要にきてくれた人々の声が、裁く十王に届けば赦される事もある。

要するにうさぎちゃんが、生と死、陰と陽の間、中陰をフラフラと彷徨って裁きを受ける場所に辿り着いて裁きを受ける日が初七日。
その後も二七日(14日目)・三七日(21日目)・・・と続いて、七七日(49日目)に十王に極楽行きか地獄行きを決められるって事。
深大寺動物霊園2

十王 十三仏
初七日 秦広王
二七日 初江王
三七日 宋帝王
四七日 五官王
五七日 閻魔王
六七日 変成王
七七日 泰山王

百ヶ日 平等王
一周忌 都市王
三回忌 五道転輪王

七回忌 蓮華王
十三回 忌慈恩王
三十三回忌 祇園王

本地仏(浄土へ導く仏様)
初七日 不動明王
二七日 釈迦如来
三七日 文殊菩薩
四七日 普賢菩薩
五七日 地蔵菩薩
六七日 弥勒菩薩
七七日 薬師菩薩
百カ日 観世音菩薩
一回忌 勢至菩薩
三回忌 阿弥陀如来
七回忌 阿閃如来
十三回忌 大日如来
三十三回忌 虚空蔵菩薩
深大寺動物霊園3


涅槃はサンスクリット語でnirvaana。
ニルヴァーナは煩悩を吹き消した悟りを開いた様な状態とでもいえばいいのかな?
涅槃は、滅とか寂滅とか寂静とか訳される。「人間の本能から起こる精神の迷いがなくなった状態」という意味。涅槃寂静。悟り。

うさぎちゃんに煩悩があったのかどうかは解らないけど、灰身滅智し無余涅槃となったのかな? 

魂の最後がどこなのかなんて解らないし判らないんだろうけど、智も滅し身心都滅で一切が無に帰るのかな?
仏教の教えもいいけど、うさぎちゃんには輪廻転生して欲しいな。
山道

参道

まぁ、うさぎちゃんならこっちから声をかけなくても極楽浄土行きだろうけど、法要しながら応援しないとな(・∀・)ノ