ゲレンデに真っ赤なデジカメ君を落としたので、暫くは以前に使ってたRicoh Caplio RDC-i500を使ってみようかと部屋の奥底から引っ張りだしてきました(゜∀゜)
i-500


こいつ。

プレゼントで買って貰ったんだけど、発売当時はなかなか高かったんだよなー(;´Д`) だって、写メールが無い頃にデジカメのくせにメールは出来るし、デジカメの画像を添付して送れるし、デジカメで撮った画像をそのままHP上へ載せるような技も使えたからね〜。

設定が面倒臭いんだけどね。

更に、オペラグラス型で撮影が出来るからライブなんか盗撮し放題(;´Д`)シテナイケド・・・

『何年も前のデジカメだから使えないかなー(-Д-)?』
と思いきや、324万画素もあるじゃん。全然使えるな。

欲しいデジカメが出るまでは、携帯かこのデジカメで過ごしまふ。




生産が中止されてるデジカメなので、記念の為に下記は公式HPより引用で転載。

本体および同梱付属品


Caplio RDC-i500

希望小売価格
115,000円(税込120,750円)


同梱付属品

(1) 本体専用ソフトケース
(2) ハンドストラップ
(3) レンズキャップ
(4) AVケーブル
(5) リチャージャブルバッテリー
(6) バッテリーチャージャー
(7) USBケーブル
(8) ユーティリティーソフト(CD-ROM)
(9) 簡単操作ガイド
(10) 使用説明書、保証書など




Caplio RDC-i500の主な仕様

項目 仕様
記録フォーマット 〈静止画〉 圧縮:JPEG(Exif ver.2.1)DCF準拠※1DPOF対応
非圧縮:TIFF
〈文字モード〉 TIFF(G4 MMR方式)
〈動 画〉 AVI(Open DML Motion JPEG準拠)
〈音 声〉 WAV

圧縮方式 〈静止画〉 JPEGベースライン準拠
〈文字モード〉 MMR方式
〈動 画〉 JPEGベースライン準拠

ビデオ信号方式 NTSC/PAL切替え
記録媒体 コンパクトフラッシュカード(TypeII)
マイクロドライブ
内蔵メモリ(画像エリアとしては、MAX7MB)
撮像素子 1/1.8型 有効画素数324万画素(総画素数334万画素)
記録画素数
(ピクセル) 〈静止画〉 2048×1536/1024×768/640×480
〈文字モード〉 2048×1536/1024×768

〈動 画〉 320×240

記録モード 静止画/音声/文字/連写/動画
画質モード ファイン/ノーマル/エコノミー/非圧縮
記録枚数※2
(CFカード32MB) 〈静止画〉 2048×1536ファイン:約26枚/ノーマル:約52枚/エコ ノミー:約102枚/非圧縮:約5枚
1024×768ファイン:約77枚/ノーマル:約149枚
640×480ノーマル:約323枚

記録データ容量 〈静止画〉 2048×1536ファイン:約1.18MB/ノーマル:約597KB /エコノミー:約302KB/非圧縮:約6.33MB
1024×768ファイン:約400KB /ノーマル:約204KB
640×480ノーマル:約84KB

記録時間
(CFカード32MB) 〈動 画〉 161(15コマ/秒)
〈音 声〉 66分

レンズ 7群10枚 F:2.6〜3.4
3倍ズーム f:7.3〜21.9mm(35mm換算 35〜105mm)
デジタルズーム 3段階1.3倍、1.6倍、3.2倍(ただし記録画素数640×480固定)
シャッター 〈静止画〉 8、4、2、1〜1/2000秒(メカニカルシャッター)
〈動画〉 1/30〜1/10000秒(電子シャッター)

撮影距離 約0.24m〜∞(マクロ撮影時:約0.01m〜0.24m)
ISO感度 オート(ISO150〜200)、ISO200、ISO400、ISO800
ファインダー 実像式光学ズームファインダー
液晶モニター 2.0型 透過型低温ポリシリコンTFT液晶 約20万画素
フラッシュ オート(逆光時自動発光)/強制発光/スローシンクロ/発光禁止/赤目軽減
フォーカス オートフォーカス/マニュアルフォーカス/固定(2.5m/∞)
露出調節 TTL測光式プログラムAE(中央重点/スポット/マルチ)
露出補正 自動逆光補正/マニュアル補正(+2.0〜−2.0EV 0.25EVステップ)
ホワイトバランス オート/固定(屋外、曇天、白熱灯、蛍光灯)/マニュアル
セルフタイマー 作動時間:約10秒
インターバル撮影 撮影間隔:30秒〜3時間
PCインターフェイス USB
AVインターフェイス オーディオ・ビデオOUT
バッテリー 専用リチャージャブルバッテリー(リチウムイオン)
バッテリー持続時間※3 連続撮影:約50分、連続再生:約60分(専用バッテリー、液晶モニター使用、常温時)
電源・電圧 ACアダプター 5V(オプション)
外形寸法 141.9mm(W)×78.2mm(D)×30.3mm(H)グリップ部含まず
質量 本体 約295g(バッテリー含まず)
使用温度範囲 0℃〜40℃

※1: DCFはJEITAで標準化された「Design rule for Camera File system」の略称です。 (機器間の完全な互換性を保証するものではありません)
※2: 静止画の記録枚数の目安です。メモリー内でフォルダの作成、各テンプレートの登録等を実施した場合、記録枚数が変わる場合があります。また同じ容量のCFカードでも種類により記録枚数が異なります。
※3: バッテリー持続/充電時間は当社測定条件によるもので、使用条件により異なることがあります。


本体ソフトウェアの仕様
項目 仕様
ダイヤルアップ機能 〈対応プロトコル〉 PPP
電子メール 〈対応プロトコル〉 インターネットメール(POP3/SMTP)〈添付情報〉MIME方式
ダイレクト画像通信 〈対応プロトコル〉 独自プロトコル*
JOB Navi.機能 撮影リスト機能 HTMLファイル作成機能
ソフトウェアキーボード 英・数字入力

* ダイレクト画像通信を使用する場合は受信パソコン側にダイレクト画像通信受信ソフト(同梱ユーティリティーソフト)が必要です。


付属ソフトウェアの動作環境
Windows Macintosh
OS Windows Me
Windows 98/98 Second Edition
Windows2000/XP*1 MacOS 8.6〜9.0(日本語版)*6
CPU Pentium(R) 以上 PowerPC(R) 以上
メモリー 32MB以上(96MB以上推奨)*2 32MB以上(96MB以上推奨)
HD空き容量 6MB以上 6MB以上
ディスプレイ解像度 640x480ピクセル以上
(800x600ピクセル以上を推奨) 640x480ピクセル以上
(800x600ピクセル以上を推奨)
その他 CD-ROMドライブ、マウス等のポインティングデバイス CD-ROMドライブ、マウス等のポインティングデバイス

ソフトウェア一覧 Windows Macintosh
1. RDC-i Explorer Plug-In(Windows) /RDC-i Mounter(Macintosh) ○


2. ダイレクト通信受信側ソフトウェア ○
○*3

3. TWAINドライバ、USBドライバ*4 ○


4. 撮影リストツールキット ○*5

5. Apple QuickTime 4.1 ○



*1: Windows XPでの動作については制限があります。詳しくはこちらをご覧下さい。
*2: Windows 2000/XPの場合、128MB以上(256MB推奨)。
*3: Mac OS 8.xで使用する場合にはApple Remote Access 3.0 パーソナルサーバーが必要です。
*4: USB接続はUSBポートが標準装備されたWindows Me/98/98 Second Edition/2000/XPプレインストールパソコン
及びアップル社製Macintoshシリーズ(USBサービス1.1以降)に対応しています。
*5: Microsoft Office 97 もしくは Microsoft Office 2000が必要です。
*6: Mac OS 9.2.1 については動作確認済(但し動作を保証するものではありません)。
※ 本ソフトウェアはリコーRDC-i500/i700専用です。他のRDCシリーズ、DCシリーズでは使用できません。


ページトップヘ

動作確認済メモリーカード

種別 メーカー名 型番
コンパクトフラッシュ サンディスク SDCFB-16/32/40/48/64/80/96/128
レキサーメディア MCF-16x8/32x8/48x8/64x8/
80x8/128x8/160x8
TDK TC016HS/032HS/048HS/064MS/
096MS/128MS/160MS/192MS
マイクロドライブ IBM製 340M/1GB



ページトップヘ

動作確認済通信カード

種別 メーカー名 型番
デジタル携帯電話
対応通信カード NTT DoCoMo P-in m@ster *1*2*3
アイオーデータ CFDC-9664P *1*2*4
PHS(PIAFS)
通信カード NTT DoCoMo P-in memory *1*2*5
P-in m@ster *1*2
P-in Comp@ct
DDIポケット C@rd H"64petit CFE-01 *1*2*8
AirH"Card petit CFE-02 *1*2*6*7*8
一般公衆回線
モデムカード Xircom CompactCard Modem 56 GlobalACCESS CFM56G
TDK DF56CF
PRETEC Compact Modem 56K
LANカード エレコム Lanneed LD-CF/T *1
加賀電子 TAXAN ITAX-LAN10 *1
Xircom CompactCard Ethernet 10 CFE-10BT
Socket Communications LOW POWER ETHERNET CF-CARD Standard LP-E

*1: このカードのご利用にはリコーホームページ上のRDC-i500バージョンアップファームをダウンロードしてください。
*2: モデム名の「カード種別」の表示がされません。
*3: 携帯電話を接続してご利用の場合、P-in m@ster 別売オプション品の
「カード接続ケーブル S3 for 携帯電話/ドッチーモ」が必要になります。
*4: 携帯電話 NTT DoCoMo(除くパケット通信)/J-PHONE および
PHS NTT DoCoMo/DDIポケット にて動作確認済みです。
*5: マルチファンクション機能には対応しておりません。
パソコンを使用してモデムカード/メモリカードを切り替えてからご利用ください。
詳しくは「P-In Memory」に同梱の使用説明書をご覧ください。
*6: ダイレクト送信/FTPアップロード時の通信速度は10kbps以下になります。
*7: DDIポケット「つなぎ放題コース」は動作確認済みです。
*8: カメラ電源オン時、数秒程度モニタ画像に若干のノイズが現れることがあります。
※ 接続できるデジタル携帯電話、PHSの機種は通信カードによって異なります。詳しくは通信カードのメーカーにお問い合わせください。また、通信カードが推奨する機種であっても接続できない場合があります。
※ Eメール送信等のインターネット接続には、プロバイダーとの契約および当社推奨のPHS一体型通信カード等の通信機器が、別途必要となります。
※ P-in memory、P-in m@ster、P-in Comp@ctのご利用には、本体の他、NTT DoCoMo との契約が必要です。
※ C@rd H"64petitのご利用には、本体の他、DDIポケットとの契約が必要です。
【重要】: 上記製品以外のメモリカード、通信カードは動作いたしませんのでご注意ください。また、動作確認済みカードでも一部機能に制約がある場合があります。


ページトップヘ

【インターネットへの接続について】
・ Eメール、インターネットをご利用になる場合はインターネットサービスプロバイダーへの入会手続き、契約が必要です。各プロバイダーとの入会手続き、設定情報などの詳細は各プロバイダーまでお問い合わせください。
・ プロバイダーによっては接続できない場合があります。
・ Proxyサーバーへの認証機能はありません。
【PHS/一般公衆回線との接続について】
・ 本製品はPHS通信カード対応です。PHSを使用してデータ通信を行う場合は、当社推奨のPHS通信カードが別途必要です。当社推奨の通信カード以外では動作保証しておりません。
・ 一般電話回線と接続する場合は、一般回線用モデムカードが別途必要です。当社推奨のモデムカード以外では動作保証しておりません。
・ PHSを使用してデータ通信を行う場合は、PIAFS対応のアクセスポイントへ接続するか、PTE(プロトコル変換装置)を経由して接続する必要があります。
・ サービスエリア外や電波状況の悪いところでは使用できません。
・ 本製品とリコーDC-2VやDC-2S間の画像通信は通信プロトコルが異なるためできません。
【LAN(イーサネット)との接続について】
・ LAN(イーサネット)と接続する場合は、当社推奨のLANカードが別途必要です。当社推奨のカード以外では動作保証しておりません。
【メモリーカードについて】
・ コンパクトフラッシュ、マイクロドライブは当社推奨のカードをお奨めします。推奨品以外のカードを使用した場合は、正常に動作しなかったり機能に制限が出る場合があります。
【付属ソフトウェアについて】
・ 撮影リスト機能用にMicrosoft社Excel/Word用サンプルファイル(マクロプログラム)が添付されています。本サンプルファイルはマイクロソフト社のVBA(Visual Basic for Applications Edition)によって、マクロが組まれています。本サンプルファイルはVBAを使ってファイル内容の変更が可能ですが、ファイル内容の変更についてはサポート対象外とさせていただいております。