チェーン交換後、チェーンの張りを見てなかったのでサイドボックスを外してチェーンの張りを調整。

STEEDのチェーンの調整の仕方は、まず、アクスルナットを緩める。
アクスルナット

反対側はアクスルシャフト。
アクスルシャフト


これを緩めたら、アジャスタボルト・ロックナットを緩める。
をして、アジャスタボルトを左右均等に廻して、張りを調整。

フロントスプロケ・リアスプロケの真ん中辺りを指なんかで押してみて、2センチから3センチ程度振れる程度に致しましょう。

チェーンが終わってからは、ステップボードの位置を調整。

ステップボードが下がりすぎてて、カーブを曲がる際に擦ってしまうので、ステップボードを若干上側に移動。
ステップボード

調整はここのボルトを長いものに変えるだけでOK。
ボルト

これだけで、街中でステップボードをガリガリと擦ってしまう回数がだいぶ減りまし(・∀・)ウヒョー


この、チェーン調整・ステップボード調整はついでな感じで、今回のメインはコレ( ・ω・)
ライセンスランプ配線

テールランプを社外品を使ってるので、ライセンスランプの配線を挿す部分が余ってるので、それを有効活用カスタム。

スイッチを1つ用意。
スイッチ

シガーソケット(ヒューズ付き)を用意。
シガーソケット

今回用意した、シガーソケットがワニグチクリップが付いてるタイプだったので、ワニグチクリップは不要な為切断。切った所をギボシでかしめて、ライセンスランプの所に接続。
ヒューズ

ヒューズが無くてもいいんだろうけど、あったほうが何かあった時に安全。
配線

配線はシート下を通して隠します。
スイッチ取り付け

リアボックス内にシガーソケットを引き込んで、スイッチを付けます。

スイッチを付けなくてもOKなんだけど、これも念の為。

そして、スイッチとシガーソケットを黒のビニールテープでくっつければ完成(・ε・)
完成

シガーソケット用の携帯充電器を使えば、バイクで走行中に携帯が充電できちゃいます(゚ε゚ )ウヒョヒョ

シガーソケットを家庭用電源に変換できるパーツが2千円〜4千円程度で売ってるので、それを購入しちゃえばバイクでデジカメやノートPCなんかも充電出来ちゃいます。

なかなか実用的なカスタムだな。