暇だったので、スティードのキャブのオーバーホールにチャレンジ(・へ・)ウム

まずはスティード本体から、キャブを外す。
外したの図。
スティードからキャブを外す

シート・タンク・エアクリを外してから、エンジンとキャブを繋いでるゴム製のジョイント(マニホールド?)のネジを緩めてドンドン外していきます。

外したキャブ
外したキャブ


この黒いダクトが何気に外れにくい(-_-;)
結構力技で外さないと外れないので、壊れない程度に力を使って外してみて下さいm(__)m 
エアクリダクト

スカスカなSTEED
スティード

キャブを外したら、エンジン内部にゴミ等が入らないように、布なんかで穴を塞いでおくべし(^.^)

外は暑いので、室内に移動。
室内でキャブ

取り敢えず、この蓋を開けてみる。
蓋

びよよーん(・へ・)
バネ

開けるとこんな感じ。
開蓋

意外と綺麗。OHの意味無し(-_-;)?
パーツ


キャブクリーナーなんかのケミカル剤を使い、汚れてる部分を洗浄。
そして、反対側。
裏

こっちも結構綺麗(-_-;)
フロート

やっぱり洗浄。取り扱い説明書がないので、余計なピン等は外さず元に戻して終了。
洗浄

洗浄2

こんな感じで、キャブの内部・外側を綺麗に洗浄してSTEEDに取り付け。

キャブから外したホース類を元に戻してから、キーを回してセル。

ギュルルルル

ギュルルルル

(゜o゜)!!

エンジンがかからない(-_-;)

何度かセルを回してみたら、エンジンはかかったけどやたらとアイドリングが低い・・・

うーむ、面倒臭くなってこんな中途半端な状態で取り敢えずは終了。

STEED(スティード) キャブレターオーバーホール-其の弐-へ続く