其の壱の続き

ヘッドライト1

東京パーツでNEWバルブを買ってきて、予備の中古ヘッドライト(以前に盗まれたSTEEDのノーマルパーツ)をバラしてみた。
ヘッドライト裏


ヘッドライトとバルブ

意外と簡単に外れる。バルブに指紋や汚れが付くと輝度が下がったりするので、手袋をハメ作業。
バルブを留めるバネ

バルブを留めておくバネの様なモノが意外と変な形で取り付けてあるので、戻せなくならないように注意が必要。
ヘッドライト2


夜中にこんな作業をしつつ、朝起きてからスティードのヘッドライトを外して新しい方を取り付ける。←昼間にやるなら、直接本体のヘッドライトのバルブを交換してね(^・^) たまたま予備のヘッドライトがあって、夜で部屋でしか作業が出来なかったのでヘッドライトごとに交換しただけなんで・・・

目視で見る限り、かなり明るくなった(゜o゜)♪
環八を走り、新東都テスターへ。意外と混んでるんだね、テスター屋さんって。光軸を見てもらうと、かなりズレてる(-_-;) トリプルで8℃になってるので、ノーマルのヘッドライトだと無理矢理曲げないと調整できないみたいで、プロでも時間がかかってる(・へ・) 

『こりゃー勘でやらなくてよかった』
と安心しつつ、光軸調整費用に2500円払う。高いような気もするけど、初日に最初からテスター屋さんに行けば再検査費用の1400円がかからないので、そんな高くもないのかも。

再度、練馬自動車検査登録事務所。
検査事務所

手数料1400円を払って、4番レーンに並ぶ。手際だけでいったらプロ級♪ ハーレーが並んでる隣に並んでたら続々とバイクがやってくる。後ろには新規登録らしき隼。更にBMWのバイクと続く・・・

隼を持ってきてた、HONDAのツナギを着てたおっちゃんがやたらと話しかけてくる(・へ・) 睡眠不足と暑さでダレてたってのに、おっちゃんがやたら元気。トラックが2〜3台前に居たので、バイクはかなり待たされる。こんな炎天下だってのに(-_-;)

おっちゃんはバイク屋さんらしく、ハンドルやトリプル、サイドマウントのメーター等、自分のお店で扱わない車両だからか興味深々。
『所沢の車検場はバイク専用のレーンがあるから結構厳しい』
とか
『昔はお兄ちゃんみたいなバイクは間違いなく車検を通らなかった』
等、色々なバイク屋さん話をしてくれて勉強になりました(・へ・)

最後に
『ところで、お兄ちゃん何てお店の人?』
と聞かれましたが・・・(-_-;) 


そんな訳で、おっちゃんと楽しく話してるうちに光軸検査。

ウィーンウィーンと嫌な機械が動いて、光軸や光量を計測してる。

【×】

一瞬【×】マークが出たんだけど、おっちゃんが後ろで『吹かせ吹かせ』と囁くので吹かしまくったら【○】がでて見事、光軸検査を突破
(・∀・)
受付に書類を出して新しい車検証と検査標章をGet。
古い検査標章
古い検査標章

新しい検査標章
検査標章

New車検証
車検証

長さ 250cm→250cm
高さ 108cm→144cm
幅   70cm→ 74cm

へ見事、構造変更完了。
公認車両(゜∀゜)
公認車両スティード

こんなハンドルでも合法(-з-)
公認ハンドル


でも、マフラーがイマイチなんで早速・・・
マフラー交換

ガトリングマフラー♪
ガトリングマフラー

STEED

STEED横


それにしても、ハンドルを変えた程度の構造変更車検は思ったより簡単でした。継続車検をユーザーでやった事ある人なら、余裕だと思います。
今回は、購入したSTEED600かたヘッドライトを外したり色々やってたのに、光軸を調整しないまま車検に行ってしまったので二度手間を踏んだりしたけど、光軸・光量(バルブを交換)をしっかりやっておけば30分あれば終わるような簡単な車検だったのに・・・

今回車検を通すに当たって、アドバイスを頂いたまー君・boltsさん・My弟・後ろで囁いてくれたおっちゃんに感謝デス。